最新情報

受け口(反対咬合)を早く治療した方が良い理由

歯のイラスト

受け口とは下の歯が上の歯よりも前に出ている噛み合わせで、「反対咬合」や「しゃくれ」「下顎前突」というふうに表現されることもあります。不正咬合(悪い噛み合わせ)にも色々とタイプがありますが、受け口はその中でも早めの対応をしたほうが良い噛み合わせとして知られ、タイミングが遅れると見た目に大きく影響してくることがあります。今回は受け口について、どのような人がなりやすいのか、自然に治ることはあるのか、受け口の問題点、受け口を放置しているとどのような問題が起こってくる可能性があるのか、についてご紹介していきます。

コラム全文を読む

歯並びが悪いと歯の寿命が短くなる理由

見た目の印象の悪い歯並び

歯並びが悪いと歯の寿命が短くなってしまうことをご存知ですか?日本人は歯並びが悪いことで昔から世界的にも有名、という話もあるように、まだまだ日本では歯並びの悪い人が多いのが現状です。日本人は欧米人に比べてあごが小さいからそれも仕方がないと思われがちですが、欧米では歯並びが悪いと子供の頃に矯正を行うことがほとんどです。それは歯並びが見た目だけでなく、歯の健康や体の健康に関わっていることが一般的にも広く認識されているためです。歯並びが悪いと歯にどんな悪影響を及ぼし、歯の寿命が短くなってしまうのか、見ていきましょう。

コラム全文を読む

子どもの健全な歯並び・噛み合わせのためにできること

子どもの矯正について

良い歯並び・噛み合わせというものは、人生の質(クオリティオブライフ)において大変重要な役割を果たします。お子さんがいる人にとっては、お子さんの歯並びがどうなるか、というのは気になるところでしょう。歯並びや噛み合わせを決める要素としては遺伝が関係している場合もありますが、遺伝が関係なく、他の要素が原因になっていることも多くあります。お子さんが人生を生きていく上で、健全な歯並びや噛み合わせに導いてあげることは、お子さんにとってかけがえのない素晴らしい贈り物になります。そこで、今回は子どもの歯並び・噛み合わせを悪くしてしまう原因にはどのようなものがあるのか、悪くしないためにできることについてご紹介していきます。

コラム全文を読む

気になる部分だけ治したい!部分矯正とは

頬を触る女性

矯正治療というと全体的に器具をつけて、期間が長くかかってしまう大掛かりな治療のイメージがあり、期間の面や費用の面などを考えると、「そこまでしたくない」という人もいるのではないでしょうか。しかし、歯並びによっては、気になる部分だけ治す「部分矯正」という治療法でお悩みを解決できる場合もあります。今回はそんな部分矯正について詳しく見ていきましょう。

コラム全文を読む

こんなにある!「よく噛める」ことの効能とは

フルーツをかじる

皆さんは食べるときによく噛むことを心がけて食べていますか?と、このようなことを突然聞かれても、普段はあまり噛む回数なんて意識して食べていないかもしれませんね。よく噛んで食べれば肥満防止になる、というような話が有名であるように、よく噛むということは体にとってとても大事なことなのです。ですが、最近の食べ物はあまり噛まなくても食べられるようなやわらかいものが多く、現代人は子供の頃からあまり「よく噛む」、ということをしなくなってきています。それも一因となり、歯並びや噛み合わせの悪い人が溢れかえっているのが現状です。悪い歯並びや噛み合わせになってしまうと、しっかり噛みたくても噛めない、ということになりかねません。今回はよく噛めるということの重要性についてご紹介していきます。

コラム全文を読む

妊娠中の矯正治療は可能か

妊娠中の矯正治療は可能か

大人になってから矯正治療をしたい、という人が増えていますが、やはり矯正治療というと2年くらいはかかるもの。スマイルコンセプトでも、「矯正している時に妊娠してしまったらどうすればいいですか?」とか「出産するまで矯正治療は待たなければなりませんか?」と質問を受けることは珍しくありません。そこで今回は妊娠中の矯正治療は可能なのか、どういうことに気をつけなければならないのか、ということについてお話ししていきたいと思います。

コラム全文を読む

大人の矯正は何歳でも可能?大人の矯正のメリット・デメリット

大人の矯正は何歳でも可能?大人の矯正のメリット・デメリット

矯正治療は10代までにやるもの、というイメージははもう昔の話になってきています。現在では、目立たない器具が多くありますし、大人の方の矯正の認知度も高まってきていますので、矯正治療に抵抗を感じない人が多くなってきました。スマイルコンセプトにも大人になってから矯正をしたい、という人がとても増えています。これはとても喜ばしいことです。今回は、大人の矯正治療について、何歳くらいまでできるのか?また大人の矯正のメリットやデメリットについてお話ししていきたいと思います。

コラム全文を読む

歯並び・噛み合わせが運動能力にも関係する

歯並び・噛み合わせが運動能力にも関係する

矯正治療やセラミック矯正を希望してくる人の多くは、「歯並びを綺麗にしたい」という審美的な面の改善を目的に来院されます。スマイルコンセプトでも、審美歯科に重点を置いておりますので、そのような患者さんが多いのは当たり前といえば当たり前なのですが、歯並び・噛み合わせを正常な状態に持っていくことは、体の健康面の改善だけでなく、運動能力にも実は大きく影響してきます。今回は歯並び・噛み合わせが運動能力にどのような影響をもたらすのか、見ていきましょう。

コラム全文を読む

子供の矯正はいつから始めたらいい?

子供の矯正はいつから始めたらいい?

お子さんの歯並びを健診で指摘されたり、歯が歪んで生えてきたりして、「早めに矯正をしたほうがいいのだろうか?」と不安に思われている方もいるかもしれません。特にご自身が歯並びで苦労したことのある親御さんは、「子供には同じ思いをさせたくない」というお気持ちが強く、お子さんにとって最良のタイミングで矯正治療を受けさせたい、と思われるようです。今回は、子供の歯並びに問題がある場合、いつから始めるのがベストなのか、子供のうちから矯正治療を始めた方がいい理由とはどのようなものか、というようなことについて解説していきます。

コラム全文を読む

矯正治療はなぜ長くかかるのか|早く歯を動かせない理由

矯正治療はなぜ長くかかるのか|早く歯を動かせない理由

矯正治療のデメリットの一つとして、「期間が長くかかる」というものがあります。この事実がネックとなって矯正治療を踏みとどまる人は実際多いようです。現在、目立たない矯正治療が選択でき、かつての矯正の一つの欠点であった「目立つ」というものはほぼなくなりつつあるのですが、やはり、器具が長期間歯につくということ自体がストレスで、「なぜ矯正治療はさっさと歯を動かせないのだろう?」と疑問に思われている人もいることでしょう。今回はなぜ、矯正治療で早く歯を動かすことができないのか、もし無理に早く動かそうとしたらどうなるのか、そして、新しい「歯を早く動かすことのできる矯正治療」に関する注意点についてご紹介していきます。

コラム全文を読む

スマイルコンセプト お問い合わせ

^