歯列矯正や審美的要件についての基準を知ろう
  • お顔のバランスの基準
  • 笑顔と歯のバランスの基準
  • 個々の歯の基準
  • 歯と歯ぐきの基準
  • よい噛み合わせの基準
  • よい発音と歯の関係

矯正・審美って?歯列矯正,審美的要件を満たす基準

・審美的要件や矯正歯科の基準:審美的要件や矯正歯科の基準と言っても、様々な基準があります。一口に「美しい口元」「よいかみあわせ」といっても、一体どのような要素、基準で判断するのでしょう。通常、個人それぞれの感覚的要素で判断しています。そのため、人それぞれ美しさの判断基準が違います。しかしながら審美的な治療や矯正歯科の医療の現場では、客観的な基準が存在し、それに基づいて検査→診断→治療計画→治療が行われています。

「invisalign」の画像検索結果

・歯列矯正や審美的な要件を満たす歯科治療:歯には機能的な側面と、美的な側面があります。その両面に焦点を当てて、0歳児から老年期まで、その年代にあったお口の健康と健康美を求めること―

―それが、スマイルコンセプトの考える歯列矯正歯科と審美的な要件を満たす歯科治療です。

歯にある美的な側面

歯にある機能的な側面

機能面のみを追及した場合
噛めることさえ出来れば見た目は気にしなくてもいいの?

虫歯を取り除いてとり合えず詰めたからいいの?

見た目だけ追及した場合
前歯だけ白くしたからOK??

上の前歯だけきれいな歯の形にしたからいいの?

かみ合わせは考えなくていいの??

この機能的な面と美的な面の2つを高次元に融合する歯科治療をスマイルコンセプトでは、矯正と審美と考えます。
O歳児から成人、さらには老年期までその年代にあったお口の健康と健康美を創ります。
人とのコミュニケーションがとても大切な現代社会において、美しい口元、すてきな笑顔は快適な社会生活を営む上で重要な要素です。

歯列矯正歯科と審美的な要件を満たす治療は「美しく見える」ことはもちろん、「よく噛める」「よく話せる」といった正しい機能によって、お口の健康や心身の健康を増進し、本当の意味の“美しさ”を長く保ってゆくことを目的としています。

それでは、それぞれの基準について確認してみましょう。(本ページ上段にタブがありますので、それぞれの基準についてご確認下さい。)

・お顔のバランスの基準

・笑顔と歯のバランスの基準

・個々の歯の基準

・歯と歯ぐきの基準

・よいかみ合わせの基準

・よい発音と歯の関係

スマイルコンセプト お問い合わせ

^