ほうれい線・しわ・たるみは、改善出来る!

フェイスラインのたるみ

たるみの原因は?

顔の筋肉の図

顔には30種類以上の筋肉があります。それらの筋肉は重なり合い、様々な動きに作用します。顎を動かして食べ物を咀嚼したり、会話したりという生活に必要な機能的な動きのほか、笑ったり、怒ったり、喜んだりという心の動きを表現する様々な表情を作り出しています。これら筋肉は使わないと筋力が低下します。筋力が低下すると重力に負け、特に筋肉でぶら下がっている下顎が下方に引っ張られ、下顔面(顔の下半分の部分)が間延びしたようになり、フェイスラインのタルミが生じます。頬が下がりブルドック顔に、口角が下がりへの字口に、口角の脇にタルミができマリオネットラインが生じます。

また、顔の筋肉は首にも繋がっており、姿勢の悪さにより、顎の歪みやあごの下のタルミを生じやすくなります。

舌の位置も顎の下のタルミに影響します。普段、舌は上の歯の内側(口蓋)に接しています。これが、低位舌(上下の前歯や下の歯に接している)の場合、舌筋は弛緩した状態になり、本来あるべき緊張がなくなります。舌の重さにより、下顎は下方へ引っ張られ鼻から顎先までの距離が増大します。舌は下顎と首の付け根にある舌骨に付着していますが、舌筋が弛緩するとこの周囲のタルミが生じるため、アゴ下から首にかけてタルミが生じます。

以上のように、顔面の筋肉は動かさないと下へ下へと下垂し、頬のたるみ、フェイスラインのもたつきやアゴ下のタルミを引き起こします。

加齢による皮膚の老化

鏡を見る女性

筋肉の表層にある皮膚は、他の臓器と同じく加齢と共に老化します。

老化は細胞のターンオーバーの遅れにより引き起こされます。皮膚のターンオーバーが遅くなると真皮にある線維芽細胞の活力の低下により、コラーゲンやエラスチンを産生する力が衰え、質の低下や量が減少し、真皮の厚みと皮膚の弾力性の低下を引き起こします。

また、加齢により女性ホルモンであるエストロゲン量が低下すると、コラーゲンやエラスチンの産生量が低下します。

紫外線や大気汚染などによる日々の刺激は、皮膚を支える皮下組織を破壊し、真皮にあるコラーゲン繊維、エラスチンなどを作り出すための線維芽細胞にまでにもダメージを与えます。

加齢に伴って発症する皮膚の老化は様々ですが、見た目ではなく体感で感じられる最大の老化現象は肌の弾力性の低下です。

この皮膚の弾力性に大きく関与するのがコラーゲンと呼ばれるタンパク質です。コラーゲン組織のターンオーバーの減少に、タンパク質の糖化や成長ホルモンの分泌量の低下が関与していることも大きな要因となります。

鏡を見る女性

ヒアルロン酸は、皮膚の保水力を維持する構成成分です。ヒアルロン酸は20歳をピークに減少し、40歳ではピーク時の半分まで量が減少します。加齢に伴い、肌は水分を保持することができなくなり、皮膚の厚みや弾力性が低下します。

皮膚の弾力がなくなると、タルミや小じわが現れはじめます。また表情筋の動きによって出来た溝が元のピンと張った状態に戻らなくなります。

小鼻の外側から口角にかけて鼻唇溝というシワがあります。人相学では「法令線」と呼ばれており、ほうれい線という名称の方が広く知れ渡っています。このほうれい線はニッコリと笑った時に子供から大人まで誰にでもできるシワですが、皮下組織や皮膚の弾力性があれば、表情を戻したときにシワは消えますが、弾力を失うと溝が刻まれたままになります。

また、前歯の前後的な位置によってもほうれい線の目立ち方は違ってきます。前歯が前方に出ると口元が突出し、頬骨の山と口元の山の間でほうれい線の谷が深くなり、ほうれい線がより目立ちやすくなります。実際、矯正治療で前歯の位置や歯の周囲を取り巻く歯槽骨の形が変わったことで、ほうれい線が目立たなくなる方が大勢いらっしゃいます。

頬のタルミもほうれい線を目立たせる要因の一つです。頬を支える側頭筋や頬筋群がたるむと鼻のわきの脂肪組織が下垂し、小鼻の脇にバッカルファットと呼ばれる脂肪組織の膨らみが目立ちます。このバッカルファットの上部に出来るラインが「ゴルゴライン」と呼ばれています。バッカルファットの膨らみが厚くなると、その下にあるほうれい線はさらに深く刻まれ目立ってきます。
そして筋肉のコリもほうれい線を深く刻み込みます。営業スマイルで口角をずっと挙げていると口角挙上筋や凝り固まり、老廃物が滞ります。老廃物の滞りは筋肉の柔軟性と皮膚の弾力性を低下させます。

以上のように、ほうれい線は、前歯の位置による口元の形、側頭筋や頬筋群、口角挙上筋などの筋肉の筋力と弾力性、皮下組織・皮膚の弾力性と厚み、皮膚の保水力、老廃物の滞りなどで深く刻まれますので、これらに対するアプローチで改善することができます。

スマイルコンセプトのバッカルリフト

加齢により顔の変化するパーツ
気になるほうれい線やマリオネットライン、フェイスラインのリフトアップにはバッカルリフトが効果的です。

バッカルリフトは、口腔内からRF(高周波)を照射し、ほうれい線やタルミを改善し、立体小顔へ導くリフトアップ施術です。

◆ バッカルリフトのメリット

・日焼けによるダメージを気にしなくてよい
・安心な温度管理機能つき
・メイクしたまま施術が可能
・痛みがなく、ダウンタイムもない
・鼻下や口まわりの小ジワにも効果あり
皮膚層の模式図

口腔粘膜は皮膚に比べ熱に強く、60度~80度のお茶やコーヒーなどをおいしく飲むことが出来ます。しかし皮膚は42度のお風呂で熱く感じます。バッカルリフトは、口腔粘膜から高エネルギーでアプローチすることができるため、狙った部位を内側から集中的にケアします。

RFが作り出す熱作用により、拘縮した筋肉をほぐし、血液やリンパ液の循環を促進し、むくみやタルミの改善と共にスッキリとしたフェイスラインに整えます。また、ヒートショックプロテインを増加させ、コラーゲンの生成をサポートします。
初めての方は1~2週間毎に3回、以降3~6ヵ月に1クールがおすすめです。

解説する女性イラスト

こんな治療もあります!

肌ツルツル

歯並び、歯のホワイトニングから、美しい口元の演出のためにPeri- Oral Regionの美容治療を専門におこなっています。

審美歯科治療の仕上げとして、口唇、頬、あご、フェイスラインの肌をツルツルにしかも美白に導く本格的な再生クリームを処方し、日々のお手入れに役立てて頂いております。

新陳代謝促進

審美歯科治療の仕上げとして、口唇、頬、あご、フェイスラインの肌をアミノ酸、ミネラル、ビタミン、抗酸化成分など10種類以上の美容液成分をたっぷり含む、注入型の美容液を使用し、口もとの美しい演出をおこなっています。

当院でおこなっている化粧水は注射タイプの化粧水です。注射後すぐに肌質の改善を実感できることが特徴です。