リンガルブラケット型矯正装置(裏側からの矯正法)

リンガルブラケット型矯正装置

装置を歯の表面ではなく、裏側に!
表からは見えません。人に気が付かれず、いつのまにか歯並びが改善。

裏側矯正治療は、あなたの歯並びにあわせたカスタムメイドされた装置、治療システムが必要です。裏側矯正に精通、熟練を重ねた裏側矯正専門医&裏側矯正専門の歯科技工士が院内に常籍(日本では、まれです)、あなたに最適なカスタムメイドした裏側矯正装置を製作、改良をかさね、質の高い裏側矯正治療をご提供しております。

 患者様それぞれのカスタムメイド!

当院が取り扱う裏側・リンガルブラケット矯正歯科装置

様々なタイプの裏側矯正システムが院内展示されています!実際に確認してみて!

あなたに最適な裏側矯正システムは?
裏側矯正装置、治療法も様々!

スマイルコンセプトで採用しているリンガルブラケット矯正装置(裏側からの矯正)は、患者様ごとにすべてオーダーメイドで作成されております。製造工程は、大きく分けるとすべてデジタル化されたもの(カスタムメイド型)と、歯科技工士のもとで制作されたものに分けることができます。

初診相談の際には、様々なタイプの裏側矯正システムが院内展示されていますので実際に手に取って触れて頂きながらご希望に即した装置をご選択下さい。

◆ デジタル化されたもの(カスタムメイド型)
矯正歯科用CAD/CAMシステムを利用し、熟練度に左右された技術的な部分を均一化できる、材料の品質が保たれ長期間安定している、安全性や強度、審美性にすぐれた素材が使用できるというメリットがあります。患者様お一人お一人の歯並びをスキャニングしてコンピューターに取り込み、個別の装置とワイヤーをロボットが作るシステムです。装置一つ一つを機械によってオーダーメイドで作るとともに、ワイヤーもロボットが作成するシステムです。装置の商品名では、ハーモニー、インコグニート、ウインなどがその代表的なものです。
◆ 歯科技工士のもとで制作されたもの
熟練の裏側矯正専門の歯科技工士の元、一つ一つ丁寧にセットアップされて作成使用されたシステムがあります。歴史も長く、様々なバージョンアップがなされ治療結果も良好で安心して治療出来るシステムです。代表的なものでは、クリッピーL、STb、2Dリンガルなどがあります。

歯科用CAD/CAMを使ったコンピューターメイドの裏側矯正システム

フランスの矯正医であるPatrick C.Curielにより考案・開発された裏側矯正システム

フランスの矯正医であるPatrick C.Curielにより考案・開発された裏側矯正システム
新しい矯正歯科用CAD/CAMシステムを利用し、一人一人の歯並びをスキャニングしコンピューターに取り込み個別の装置とワイヤーをロボットが作るシステムです。
さらにセルフライゲーションブラケットの為、ローフリクション・ローフォーステクニックが適応出来、歯に優しい最小の力で効率よく歯の移動が出来るように設計されています。装置とワイヤー間の摩擦から開放され少ない力で効率的な歯の移動が可能で歯の移動時の痛みも最小限で済みます(完成物薬機法対象外)

ドイツの裏側矯正専門医であるWiechmannにより開発

ドイツの裏側矯正専門医であるWiechmannにより開発
矯正歯科用CAD/CAMシステムを利用したシステムでは一番歴史長いリンガルブラケット装置です。一人一人の歯並びをスキャニングしてコンピューターに取り込み装置もワイヤーもロボットが作るシステムです。
こちらの装置は金合金であるため金属アレルギーが心配な方にも比較的安心して使用出来ます。
装置は薄く違和感も最小限で良いのですがセルフライゲーションシステムではなくローフォース・ローフリクションテクニックの採用は出来ません。またシステムで用意されたワイヤーは、剛性が高すぎるワイヤーで他のリンガルシステムと比較すると装着直後の痛みの生じやすいシステムです(完成物薬機法対象外)

ドイツのWiechmannが開発、バージョンアップをさせたリンガル矯正装置

ドイツのWiechmannが開発、バージョンアップ をさせたリンガル矯正装置
裏側矯正の進化!装置が小さくなり、違和感が小なく治療時間も短くなりました。
本リンガルブラケット装置は、上段の装置と同じ開発者ドイツのWiechmannが開発、バージョンアップをさせたリンガル矯正装置です。
カスタムメイドのブラケットベースで、非常にフラットなデザインで優れた快適性が魅力です。ドイツ製で、難症例にも対応しています。2015年2月日本デビューの裏側矯正装置です(完成物薬機法対象外)

カスタムメイドの裏側矯正システム

セルフライゲーションブラケット

セルフライゲーションブラケット
ブラケットの厚みが非常に薄く、装着後の違和感を軽減しています。快適に治療することが出来ます。
セルフライゲーションブラケットで、ローフリクション・ローフォーステクニックの適応が可能な装置です。スムースな歯の移動と痛みの少ないシステムです。
セルフライゲーションシステムの為、ワイヤーの固定が速やかで院内での処置時間短縮にもつながっています。日本製の為、非常に製品精度の高いブラケットで、正確な歯の移動が可能です。装置もなめらかで発音障害も少なく清掃性も良好です。
インダイレクトボンディングシステムを採用しておりますので、正確な位置にブラケットの設置が可能で、効率よく歯の移動を行うことが出来ます。実績も十分で安心して治療を進めることが出来ます。

小型化された裏側矯正装置

小型化された裏側矯正装置
従来型の装置と異なり、非常に小型化されていますので、発音がしにくかったり、装置が舌に接触する際の違和感などの問題点が改善されています。
またローフリクションを達成していますので、小さな力で、無理なく歯を移動します。体にもやさしく、違和感も少ない裏側矯正です。

ドイツのWiechmannが開発、バージョンアップをさせたリンガル矯正装置

ドイツのWiechmannが開発、バージョンアップをさせたリンガル矯正装置
ドイツのWiechmannが開発、バージョンアップをさせたリンガル矯正装置
セルフフライゲーションのブラケットとリンガルストレートワイヤーシステムを融合させたリンガルブラケットです。
治療の効率化が図られているシステムです。裏側矯正治療の欠点であった複雑なワイヤーを必要としません。
セルフライゲーションであるためワイヤーの装着に時間を取られることがなく、チェアータイムが短縮されます。最適な力のワイヤーは摩擦が少なく歯牙の移動をスムーズにします。それにより治療に要する期間も短縮されます。弱い力で歯牙を移動させるため痛みが少なく、歯にも患者さまにも優しい治療法です。快適性の向上により、発音障害も少なく清掃性も向上しました(完成物薬機法対象外)

アーチワイヤーをブラケットに挿入できる セルフライゲーション ブラケット

アーチワイヤーをブラケットに挿入できる セルフライゲーション ブラケット
厚さわずか1.3ミリでさらに丸みをもったエッジデザインで患者さんに快適な装着感を提供します。容易にアーチワイヤーをブラケットに挿入できる セルフライゲーション ブラケットです。
違和感が少ないという大きなメリットがある反面、歯の複雑な移動が必要な症例には向いていないため、軽度の不正のケースが適応症となります。

ブラケットがクリップ状

ブラケットがクリップ状
ワイヤー矯正の場合、通常、矯正ワイヤーとブラケットと呼ばれる矯正装置を輪ゴムや細いワイヤーで止めなおして治療を進めますが、ブラケットが、クリップ状となっていてワイヤーなどで止める必要がありません。
毎回の治療時間の短縮、治療期間の短縮が出来ます。毎回大きなお口を長い時間、開ける必要が減少し、患者さまにとっては快適な裏側矯正システムです(完成物薬機法対象外)

白い裏側矯正装置

白い裏側矯正装置
裏側矯正装置は、歯の裏側に装着しますので、通常は表側からは見えません。しかし大きなお口を開けたとき、大きく笑った時などには、下あごに装着した金属製の裏側矯正装置がちらっと見えてしまうことがあります。
そこで笑った時にもわからない白い裏側矯正装置の登場です。
今まで金属アレルギーで矯正を諦めていた方にも最適な矯正装置です。本装置は、スマイルコンセプトにて研究、開発を行っています。

当院の裏側矯正の特徴

裏側矯正は、どの歯科医師、どの矯正歯科医院でも出来るような治療ではありません!
裏側矯正に精通した矯正専門医院で治療を行うのが得策です。

私どもは、スマイルコンセプト矯正歯科開院以前より裏側矯正治療を行って参りました。2020年現在、30年の裏側矯正の治療経験があります。その間も日進月歩する裏側矯正を日本国内だけの学びでは不十分と考え世界中で研鑽、そして改良を進めてきました。

裏側矯正は、高度な技術と知識、経験が要求されます。ほんの数年学んだだけで治療をマスター出来るようなことは出来ない難易度の高い治療法です。その為、まだまだ矯正専門医の中でも一般的ではない矯正治療なのです。

矯正医の知識・技術を表す指標として参考になるものには、日本最大の矯正学会である日本矯正歯科学会には、認定医、指導医、専門医等の資格があります。(当院には私を含め数名の認定医、指導医が在籍していますが)しかしながらこれら○○医等の資格取得の要件には裏側矯正の知識・技術評価は、一切入っておりません。あくまで表側矯正のみの実績評価なのです。大多数の医院では、裏側矯正を「全く行わない」、もしくは「ほとんど活用したことがない」というのが大多数を占めています。

よって一般的な矯正専門医院でも、ある医院で相談してみたら「仕上がりが良くない」、「治療期間が長くなる」、「治療後半に表側に装置をつける必要がある」などと言われたり、裏側矯正治療ではなく「表側の治療を薦められた」、さらには裏側矯正装置で治療を開始したものの治療途中に「もう治療の限界、表側に変更するか、治療を終えるか考えてきてください」と言われたというような方々が多いのはそのような背景があることも一つの理由です。

当院では、治験数、経験年数も多く裏側矯正に習熟していることから、表側の矯正治療と比較して治療の仕上がり、治療期間も同一以上で安心して治療をお勧めすることが出来ます。また裏側治療中に表側に変更を行うようなケースは見当たりません。一方、歯並びの状況によっては、表側より裏側治療のほうが適している方も見受けられます。現在、裏側矯正システムも様々で、それぞれメリット・デメリットがあります。各々の患者様に適したシステムをご提案させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。

裏側矯正は、あなたの歯並びにあわせたカスタムメイドされた装置、治療システムで治療しましょう。

スマイルコンセプトでは、院内に裏側矯正装置を矯正歯科専門技工士3名が在籍し、あなたの歯並びに最適なカスタムメイドの装置を日々改良を重ね作成しております(日本では、まだまだまれな体制です。通常は外注技工で装置を作成します。)。

その為、治療中に装置のアレンジが必要になった場合や、予期せぬ装置の破損などが生じてしまった場合にも、即座に改善を行い治療の継続が可能です。

また、最近では、コンピューターセットアップを行い、装置やワイヤーをロボットが作成する裏側矯正システムも幾つかございますが、装置の紛失、装置のアレンジやワイヤーの破折などが生じてしまった場合、海外に再度製品を発注する必要が生じてしまいます。

海外メイドですので、納期に時間がかかり治療再開までには数週間を要し治療が効率よく進められない可能性を秘めているのがこれらのシステムのデメリットです。

しかしながらスマイルコンセプトでは、院内に裏側矯正専門の技工士が在籍中ですので、何かのトラブルが生じてしまっても適宜対応が可能で、時間的なロスを招くことなく安心して治療継続を行うことが出来るというメリットがあります。

あなたに一番適したカスタムメイドした裏側矯正装置を選択、製作、質の高い裏側矯正治療をご提供しております。

患者様に一番適したカスタムメイドの裏側矯正をご提供

裏側矯正専門医院では、どのような歯並びでも、治療可能です。

裏側矯正は、あなたは出来ない、あなたには向いていないと言われたという患者様が多数ご来院しています。見えにくい矯正専門の治療システムと30年に及ぶ(2020時点)熟練した技術により、従来型の表側の矯正治療と同様に、どのようなタイプの歯並び、咬み合わせの状態でも治療が可能です。

表側の装置と治療期間は変わりません。さらに治療期間の短縮も可能です。

裏側矯正の治療実績、経験も十分な為、治療期間も表側の矯正装置と全く変わりません。

また、短期間の矯正治療を併用すると治療期間を大幅に短縮することまで可能です。短期間の矯正治療の方法も様々ですので、詳細ページをご参照ください。

歯を支える骨、歯ぐきまでも健康に!

大人の方で、不正咬合がある場合、歯並び、かみ合わせが悪いだけでなく、不正咬合の為に歯茎やその下の歯槽骨(歯を支える骨)までにもダメージがある方がほとんどです。

通常の矯正治療だけでは、歯並び、かみ合わせの治療は可能ですが、歯槽骨や歯茎のダメージの回復までの再生治療は困難です。短期間の矯正治療AOO・PAOOを併用すると歯並び、かみ合わせを治療するだけでなく、歯を支える骨、歯茎までも健康な状態に誘導することが出来る矯正治療法です。