部分的な矯正治療

部分矯正で後悔しないための基礎知識

そもそも部分矯正とは?どんな矯正方法なの?

まずは部分矯正について知っておこう!

部分矯正とは、歯の全体に装置を付けて矯正する全体矯正とは違って、歯並びで気になる部分に部分的に装置を付けて矯正する方法です。

全体矯正と比較して目安としておよそ3分の1~2分の1程度の費用で矯正治療を行うことが出来、矯正に要する期間が比較的短いことが特徴です。

期間については全体矯正が2、3年の期間を必要とするのに対して、部分矯正では多くのケースで約半年~1年程度で済ませることができます。前歯の矯正に用いられることが多いですが、奥歯等他の部分に適用することも可能です。

部分矯正は、矯正治療に対する敷居の低さから近年利用者も取り扱う歯科医院も共に増えている矯正方法ですが、部分矯正は、治療の仕上がりが全体矯正と比較するとレベルが落ちますので、治療開始前に治療目標をしっかり確認する必要があります。折角、部分矯正を行ったのに治っていない、治療効果が思っていたような仕上がりでないという方が近年あとを絶ちません。仮に部分矯正を行う場合でも、全体矯正がしっかりと治療出来る質の高い治療を提供出来る医院で治療を行ったほうが、治療効果、満足度も高く後々間違いが少ないと思います。

部分矯正って本当に効果があるの?

本当に効果があるの?

気になる部分だけ矯正を行う部分矯正について、本当に歯並びを改善できるのか、きちんとバランス良く治療できるのか、本当に効果があるのか色々と気になる方も多いと思います。部分矯正は全体的な噛み合わせまで調整できる全体矯正に比べて、適応できない範囲が存在しますが、正しく実施すればある程度満足のできる効果を得られます。

矯正専門である医師ときちんとカウンセリングを受けた場合、部分矯正に不向きなケースであれば教えて頂けると思います。また全体矯正の仕上がりとの比較など両面から提案してくれると思いますのでその上でご選択されると宜しいと思います。

部分矯正と全体矯正の違い

問診を受ける女性

部分矯正と全体矯正の違いについてですが、まず矯正装置を全体に装着するか、一部分にだけ装着するかという施術範囲の違いから、それぞれ治療効果、目標、期間、費用が大きく違ってきます。

症状により個人差はありますが、おおよそ部分矯正は全体矯正の3分の1の費用で実施できると言われています。装置を装着する範囲が少ないため、違和感が少ない点も挙げられます。

また、矯正治療にかかる期間も全体矯正では2、3年と長期間であるのに対し、部分矯正では約半年から1年程度で完了するケースが殆どです。これらのことから矯正治療に取り組む敷居が低いことが部分矯正と全体矯正の違いにもなります。

部分矯正が推奨されるケース

治療を受ける女性

部分矯正が推奨される基本的なケースは、全体的な歯並びの調整ではなく、部分的に歯並びが気になる場合です。基本的な歯並びやかみ合わせは悪くないけれども、前歯が1本だけずれているのが気になるといった方にはオススメです。

具体的に部分矯正が推奨されるケースとしては、前歯のすきっ歯や片方だけ飛び出していたりする場合や、過去に行った矯正がずれてきて再度修正が必要な場合です。また抜歯を行ってそのままにしていて、周囲の歯がずれてきたのを元の位置に戻したり、虫歯の歯を引っ張り上げて抜歯せずに保存する場合に適用される事もあります。これらが推奨される代表的なケースです。

部分矯正にかかる費用はどれくらい?

治療器具と電卓

部分矯正の内容により費用については個人差がありますが、相場としては約35万円から60万円が目安となります。歯科医院によっては、大人と子供で費用が違っていたり、すべて基本料に含めた料金体系を採用しているところもあります。基本的に自費診療となる部分矯正、費用については事前によく比較検討してから矯正に臨むのをおすすめします。

部分矯正のメリット

利点

利用者も増加中の部分矯正はいったいどういったメリットがあって注目を集めているのでしょうか。具体的なメリットについてまとめてみました。まず部分矯正は気になる一部分だけを矯正するという方法であるため、全体矯正に比べると施術範囲が少なく費用を大幅に抑えることができるのは前述のとおりです。また、矯正装置を装着することによる食事や歯磨き等の生活の不便や違和感といった負担も少なくて済みます。目立ちにくいため矯正を人に気づかれにくいのも大きなメリットです。

また、全体矯正が2、3年という非常に長い期間を必要とするのに対して、部分矯正では約半年から1年という圧倒的に短い期間で矯正を終えることができます。そのため早く効果を実感できますし、矯正に伴う負担を感じる期間も少なくて済みます。

このように部分矯正は費用、期間、精神的肉体的負担が少ないため、矯正を諦めていた方でも気軽に取り組めるようになったことも大きなメリットであると言えます。

部分矯正のデメリット

欠点

後悔のない部分矯正を実施するためには、メリットだけではなくデメリットの部分もしっかり把握しておく必要があります。まず挙げられるデメリットとして…

適応が限られる

部分矯正は歯並びの悪い一部分を矯正するのには適していますが、全体的に大きく歯並びがずれている場合や、噛み合わせが悪い場合、前歯の凸凹が著しい場合、口元を後退したい場合、また受け口など骨格的に問題がある場合も部分矯正は不向きです。このようなケースでは、全体矯正の方が治療効果も高く治療後の満足度も高いでしょう。

歯を削る必要性が増す!

部分矯正は限られた範囲で矯正を行うという特性上、歯を大きく削って隙間を作って治療する医院が多くなる傾向にあります。歯は削ると弱くなる大きなリスクもあります。スマイルコンセプトではお薦めしていません。

治療後、出っ歯になってしまう方が多い

また、主に前歯だけの部分矯正の場合には、凸凹はある程度治ってきたが、出っ歯や受け口(下の歯が前に出てくる)になってしまう方が多いのが実情です。このような部分矯正もお薦め致しません。治療後に後悔して再度相談に訪れる方々が後を絶ちません。部分矯正特有のデメリットであるともいえます。

口元をキレイにしたい方には不向き

全体矯正の場合には、出っ歯や口ゴボを後退させて口元をキレイにしたり、口元のEラインを整えることが出来ます。また口ゴボによるほうれい線が気になるような方は、全体矯正がおすすめです。

仕上がりに妥協が必要な場合も!

部分矯正においては歯並び全体のバランスや噛み合わせを取るのに限界があるため、仕上がりが全体矯正には及ばない点や、矯正後の仕上がりについてある程度妥協をする必要がある場合もあります。

部分矯正の装置

表側ワイヤー

歯の表側(唇側)にブラケットとワイヤーを装着し、歯を動かしていきます。あらゆる症例に対応することができ、発音に影響しにくい、というような利点がありますが、装置が見えて口元の厚みが出る、というような欠点もあります。

裏側ワイヤー

歯の裏側(舌側)にブラケットとワイヤーを装着し、歯を動かしていきます。表からは全く装置が見えないので、周囲に気づかれずに矯正治療を進めていくことができますが、舌に装置が触れて違和感が強い、食事や発音がしにくいという面もあります。

マウスピース型矯正装置

透明な取り外し可能なマウスピース型の装置を装着し、段階的に取り替えて行くことで歯並びを整えていきます。周囲に気づかれにくく、違和感も最小限で、お食事や歯磨きの際には外すことができます。

セラミック矯正

歯を削ってセラミックをかぶせることで歯並びを整える方法です。歯そのものは動かしませんので、治療期間を短くすることができますが、歯を大量に削ったり、神経を抜いたりする必要性があり、歯へのダメージがかかってしまいます。

全体矯正と部分矯正の比較

  全体矯正 部分矯正
費用 80万~100万 10万~50万
期間 約2年 半年から1年
大変さ 大変 気軽
噛み合わせ
抜歯 抜歯を選択できる 通常抜歯しない
仕上がり △~〇

比較してみるとやはり治療費用も期間も部分矯正に軍配が上がりますが、噛み合わせや仕上がりに関しては全体矯正に軍配が上がります。

医療費控除

税金が一部戻ってくる!
医療費控除の適用を忘れずに!

1月から12月までに自身が納めた税金の一部が戻ってくる確定申告の中に医療費控除があるのをご存知でしょうか。部分矯正は全体矯正よりも安価に済ませることがメリットでもありますが、その費用は決して安いものではありません。部分矯正も病気の治療が目的であると認められた場合には医療費控除の対象とされ、1年間を通じて10万円以上の医療費を支払っている場合には納税した税金の一部が還付されます。

医療費に含まれるものは矯正治療で支払った検査や装置などの費用に加えて、通院のために利用した公共交通機関の交通費も認められます。公共交通機関での通院が難しい場合はタクシー代も認めれれています。診断書や領収書等の申告に必要な書類はすべて大切に保管しておきましょう。医療費控除は他の医療費も含みますので、場合によってはかなりの金額が控除されます。美容目的の矯正は医療費控除の対象とはなりませんが、部分矯正を行う際にはカウンセリングの際に、医療費控除の対象となる治療内容かをよく確認しておくと良いでしょう。