最新情報
「出っ歯」「上顎前突」とは、その原因・特徴・治療法について

上顎前突イラスト

出っ歯は専門用語では「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」と呼ばれるもので、日本人に多い不正咬合です。出っ歯と言っても色々なケースがあり、それがチャームポイントになる場合もあれば、本人にとって大きなコンプレックスになってしまっている場合もあるでしょう。今回は出っ歯について、どのような特徴があるのか、出っ歯の問題点、原因、治療法についてお話ししていきます。

出っ歯、上顎前突の特徴・タイプ

出っ歯、上顎前突は次の二つに分けられます。

■歯性のもの

顎の骨の位置や大きさなど、骨格は正常であるけれども、上の前歯だけが前方に出ているタイプです。

■骨格性のもの

骨格的なものに異常があって、上の顎の大きさが下の顎の大きさよりも大きく、上の歯が前に出ているように見えるものです。上顎の問題というよりは下顎に問題があるケースの方が多く、下顎の成長が十分でないケースや下顎が後ろに下がっていて上顎が前に出て見えるケースの方が、上顎が大きすぎて出っ歯に見えるというケースよりも一般的に多いです。

出っ歯、上顎前突の問題点とは

出っ歯、上顎前突の問題点としては次のようなものが挙げられます。

■前歯の出っ張りがコンプレックスになりやすい

出っ歯は他人から見てもわかりやすいため、「出っ歯」などからかわれることも多く、コンプレックスを抱えやすい傾向があります。

■口が閉じにくく、誤解されてしまうことがある

出っ歯だと唇を閉じるのが難しく、歯が出たまま、という状態になってしまうため、時に、「ニヤニヤしている」「真剣さが足りない」などの誤解を受けてしまうことがあります。

■虫歯や歯周病にかかりやすい

出っ歯は口が開いたままになりやすいため、口の中が乾燥しがちになります。口の中が乾いてしまうと、唾液による自浄作用や、抗菌作用、歯の再石灰化作用が発揮されないため、虫歯や歯周病にかかるリスクが高まります。

■口臭の原因になりやすい

出っ歯の場合、よく口が開いたままになります。乾燥すると唾液でお口の中の細菌が洗い流されないため、細菌が繁殖してしまい、強い口臭の原因になりがちです。

■食事、発音に支障が出ることがある

前歯でうまくものが噛みきれない、サ行が発音しにくい、というような問題が起きることがあります。

■顎関節症になりやすい

上下の顎のバランスが悪いため、顎の関節や顎周囲の筋肉に痛みを起こしたり、お口が開きづらくなるなどの症状を出す「顎関節症」にかかりやすくなります。

■前歯を折りやすい

前歯が前に出ているため、ぶつかった時にまず前歯がダメージを受ける、ということが起こりやすく、出っ歯でない人に比べると前歯が折れるケースが多く見られます。

■全身の健康に影響を及ぼすことがある

ものがうまく噛みきれないことで胃腸に障害が出たり、顎のバランスが悪いことで頭痛や肩こりなどの不調が起こりやすかったり、そのような不調がストレスの原因にもなることがあります。

出っ歯、上顎前突の原因
遺伝的な原因
■骨格の遺伝

骨格というのはある程度遺伝するものです。特に上の顎が大きいというような場合にはその可能性が高く、全体の3割くらいがこのケースだと言われています。

■歯の大きさの遺伝

歯の大きさや形というものも遺伝します。歯が顎の骨の大きさに対して大きすぎると、歯並びに収まり切らず、前に出てしまいやすくなります。

後天的な原因
■おしゃぶり

おしゃぶりを3〜4歳以降も使い続けていると、上顎の骨の成長に影響を及ぼすことがあります。

■悪い癖

日常生活で無意識に行なっている次のような悪い癖が出っ歯を引き起こすことがあります。
・指しゃぶり
・爪を噛む癖
・舌癖
・頬づえ(→下顎の成長を妨げてしまう)

■口呼吸

成長期に鼻炎で鼻が詰まっている、もしくは癖で口呼吸になってしまっている場合、上顎の歯並びは狭く前歯が前に出っ張り、下顎は成長が十分にできず、引っ込んだ状態になりやすくなります。

■親知らずの萌出

親知らずが生えてくる時に、親知らずが前方の歯を押して、前歯が前に出てしまう場合があります。

出っ歯、上顎前突の治療法

指しゃぶりをするこども

出っ歯、上顎前突の治療法は、年齢層によっても変わってきます。

まず5歳以下の小さなお子さんの場合は大体乳歯だけの状態ですが、おしゃぶりや指しゃぶりなどの悪い癖が将来的に骨格に影響を及ぼし、歯並びを悪くしてしまうことがあるため、このような癖をやめることが最重要となってきます。

6歳以上の学童期は混合歯列期と言って乳歯と永久歯が混在している時期で、顎の発達も活発な時期です。この時期には、顎の発達を正常に促しながら、永久歯の歯並びを悪くしないようにする治療が可能です。装置は全体的に針金をつけるようなものではなく、目立たなく簡単なもので治療が可能です。

12歳以降になると永久歯だけの歯並びになってきます。この時期の矯正治療は本格的な装置を使って行いますが、程度に応じて、軽度であれば部分的な矯正治療で済む場合もあれば、マウスピース矯正で治せるケースもあります。出っ歯の程度が大きい場合には、抜歯をして矯正治療を行うケースが多くなります。

出っ歯で矯正治療をご希望の場合、いずれにしてもできるだけ早めのタイミングで行うことが肝心です。ぜひスマイルコンセプトにご相談ください。

スマイルコンセプト お問い合わせ

^