最新情報
歯並びによって違う!自分の歯に合った矯正治療の方法

矯正治療は生え変わりの時期にもできるのか?

マウスピース矯正は着脱が可能なタイプの矯正装置です。食事や歯磨きの時に外すことが出来るため、お手入れがしやすく、また透明で目立ちにくいことから、ここ最近、注目を集めています。

しかしながら、マウスピース矯正が苦手とする歯並びもあります。それは大きな歯の動きが必要なケースです。マウスピース矯正では、一定の期間ごとに新しいマウスピースを付け替えて歯を動かしていきます。例えば、前後に凹凸がある歯並びでは、綺麗な横並びにするため、時間がかかったり、たくさんのマウスピースを作り替える必要が出てきてしまいます。そうなると、ワイヤーで歯を動かした方が、早く安価で治療が進められるケースも出てきてしまうのです。
抜歯が必要な場合でも同様のことがいえます。どうしてもマウスピースで矯正を行いたい患者様は、大きく歯を動かす初期の治療はワイヤー矯正で行い、その後、マウスピース矯正に変えていく治療法で進める場合もあります。

歯のがたつきが大きい場合には、ワイヤー矯正

歯が前後、あるいは上下にずれて並んでいると、必然的にワイヤー矯正を行うことになります。マウスピース矯正では、適応外になってしまうケースもあるのです。
ワイヤー矯正では、ブラケットと呼ばれる留め具を歯の表面に接着し、ワイヤーで引っ張ることで歯を動かします。そのため、多少並びがずれていても調整が出来るのです。
また、噛み合わせをみながら、矯正をすることが出来る点もメリットです。よく知られている矯正装置で、幅広いケースで矯正治療を行うことが出来ます。
金属の留め具が表面に付くため、どうしても目立ってしまうデメリットはあります。

がたつきが大きいけどワイヤーは見た目が気になる場合

がたつきが大きいけどワイヤーは見た目が気になる場合

がたつきが大きくマウスピース矯正は難しい。でもワイヤー矯正は目立って嫌だという患者様もいるかもしれません。そんな方には、目立ちにくいワイヤー矯正を行うのも1つの方法です。
では、目立ちにくいワイヤー矯正には、どのような種類があるのでしょうか?まずあげられるのが、ブラケット(歯の表面に接着する留め具)をセラミックにしたタイプです。効果はワイヤー矯正と変わりませんが、やや強度が劣ります。目立っていた金属性のブラケットが白いセラミックになり、ワイヤーも白いことから自然に見えるメリットがあります。費用は通常のワイヤー矯正と比べて高額になります。
その他には、歯の表面ではなく、裏側にワイヤーを付ける、舌側矯正と呼ばれる装置もあります。虫歯になりにくいメリットもありますが、治療には技術が必要なため、技術力の高い歯科医師が行う必要があります。
また、患者様によっては、発音がしにくくなる可能性もあります。

出っ歯の治療はワイヤー矯正で

前歯が前に出ている噛み合わせの場合、見た目が気になったり、食べ物を噛んだりする際に不便を感じる患者様も多いかもしれません。出っ歯の場合、見た目以外も様々なデメリットがあります。例えば、口呼吸になりやすいことから、ドライマウスの症状が出やすく、それに伴って虫歯菌の繁殖リスクが高まります。

そのような症状も矯正治療によって改善が可能な場合があります。出っ歯の矯正治療は基本的にはワイヤー矯正で行います。歯を動かす範囲が大きくなる場合があることから、ワイヤーで力を加え、歯並び、そして噛み合わせを改善する方法が向いているのです。
噛み合わせも治療が必要なことから、歯の表面を覆ってしまうマウスピース矯正では、対応が難しくなってしまいます。出っ歯の程度によっては、歯並びの一部分のみに、ワイヤーを装着し、歯を動かす部分矯正で治療が可能なケースもあります。また、出っ歯の原因として舌癖が関係していることもあります。日常的に舌で前歯を押す癖がついていると、それによって歯が動いてしまう恐れがあるのです。

まとめ

まとめ

矯正治療を行いたい患者様それぞれ歯並びは異なるものです。歯並びが異なると、治療方針となる歯の動かし方も変わってきます。以前は、矯正といえば「金属のワイヤーが歯の表面に見えるもの」というイメージが強かったですが、最近では、目的や治療によって様々な治療方法も増えてきています。

最も幅広いケースに対応できる方法はワイヤー矯正ですが、歯の表面に金属の留め具があり、目立ってしまうものでした。そこで、金属の代わりに白いセラミックを使用する方法や、歯の裏側に矯正装置を装着する舌側矯正と呼ばれる治療法を行うことで、矯正をしていることが分からないくらい自然な見た目で治療を行うことが出来る歯科医院も出てきました。新しい治療法は経験や技術が必要とされるため、全ての歯科医院で対応できるものではありませんが、見た目が気になる方は相談してみるのも1つの方法です。

スマイルコンセプト お問い合わせ

^