最新情報
矯正用アンカースクリューを使用した治療
2020年03月10日 (火)

歯茎が見える「ガミースマイル」、口元出てる「口ゴボ」でお悩みですか?
歯茎が見えすぎてしまう「ガミースマイル」、口元が前方に出てしまっている「口ゴボ」でお悩みの方は多くいらっしゃいます。でも、このようなお悩みは矯正治療で改善できることをご存知ですか?

特に、歯科矯正用アンカースクリューを使用した矯正治療なら、通常の矯正治療だけでは治せないような、骨格的に異常のある難易度の高い「ガミースマイル」や「口ゴボ」でも、外科手術や面倒な装置を使うことなく、早く快適に治療をすることができます。

アンカースクリュー矯正とは

アンカースクリュー矯正

患者様に負担をかけず、早い矯正治療が可能
アンカースクリュー矯正とは、矯正用の「アンカースクリュー」という直径わずか1.5ミリほどのチタン製のネジを顎の骨に埋め込み、それを固定源として歯を移動していくという矯正法です。

通常歯を動かしたい場合、奥歯を固定源として歯を引っ張ってきますが、奥歯自体も引っ張られてしまいますので、どうしても奥歯が前方に多少動いてしまいます。また、ヘッドギアといった頭部につける装置を固定源とする場合もありますが、いつでも装着できるわけではありませんし、患者様への負担がかかってしまいます。

アンカースクリューであれば、矯正中も移動することのない場所へ設置するため、確かな支点として、動かしたい歯へ確実に強い力をかけることができます。

その結果、歯を早く動かすことが可能になり、治療期間が大幅に短縮されます。また、通常であれば外科手術を必要とするようなケースであっても、アンカースクリュー矯正であれば手術なしに治療が可能となりますので、お身体への負担も軽くできます。

アンカースクリュー矯正の特徴・メリット

ガミースマイルの女性

1.治療期間を短縮できます
アンカースクリュー矯正を行うことで、複雑な治療ステップが単純化できますので、治療期間が短縮できます。

2.患者様への負担が軽くなります
アンカースクリュー矯正ならば、これまで患者様への負担の大きかった手術や煩わしい装置を使わずにお悩みが改善できます。

3.難しい症例でも対応可能です
従来の矯正方法だけでは難しかったガミースマイルや口ゴボといった症例でも、アンカースクリュー矯正なら治療可能です。

アンカースクリュー矯正の注意点・デメリット

1.アンカースクリューを埋め込む必要があります
アンカースクリューを埋め込むこと自体に恐怖感を感じてしまう方もいらっしゃいますが、麻酔をして行いますので、施術中に痛みはありませんし、術後の痛みも痛み止めを飲んでいただければ落ち着く程度ですので、心配はいりません。

2.アンカースクリューがグラグラすることがあります
アンカースクリューは、ほとんどの場合には問題なく固定されますが、稀にグラグラしてしまうことがあります。ですが、その際には患者様の同意の上、付け直します。

アンカースクリュー矯正の治療の流れ

歯科麻酔の様子

1.麻酔
アンカースクリューを埋め込む場所を消毒し、麻酔をします。

2.スクリューの埋め込み
アンカースクリューを埋め込みます。埋め込みにかかる時間はだいたい1本あたり5~10分程度です。麻酔をしっかりきかせて行いますので、痛みを感じることはありません。

3.矯正治療開始
アンカースクリューを埋め込み後、通常2、3週〜1ヶ月程度様子を見て、矯正治療に使用していきます。

4.アンカースクリューの除去
アンカースクリューは、必要がなくなったら取り除きます。除去する際の痛みもほとんど感じることはありませんが、必要に応じて麻酔をすることもあります。アンカースクリューを除去した部分の歯茎は数日で治りますし、骨もきちんと再生されます。

スマイルコンセプト お問い合わせ

^