最新情報
歪んだ笑顔はもったいない!デンタルケアを習慣化して思いっきり笑おう!
2016年06月1日 (水)

笑顔美人になるための要素はもともとの容姿の美しさよりも「表情」「姿勢」さらに「きれいな歯並び」です。
どれも簡単に手に入るものではありませんが、自分の努力次第で手に入るものでもあります。
今回は笑顔の重要要素「キレイな歯並び」を手に入れるためのデンタルケアについてお伝えします。

日本の大人の8割が歯周病に!!歯のクリーニングで印象アップ
日本の大人の8割が歯周病に!!歯のクリーニングで印象アップ

ある調査によると、30代以上の日本人の約8割が歯周病にかかっているといわれています。
歯周病は、歯の隙間や歯ぐきにできたポケット(歯周ポケット)に溜まった食べ物の残りカスや歯垢がプラーク(細菌)になってできる病気です。ひどくなると歯がグラグラして抜けてしまうほか、歯ぐきが黒ずんだり口臭の原因になります。
歯周病を防ぐためには、日頃からのデンタルケアが大切です。日常的な歯磨きのほか、デンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯の隙間を掃除するのも忘れずに。
ただ、どんなにきちんとセルフケアをしていても、歯垢や歯石を取りきるのは難しいもの。年に数回は歯医者さんに行って、歯科医や歯科衛生士によるプロのクリーニングを受けることをおすすめします。特殊な機械を使って歯をクリーニングすると、驚くほどツルツルになって白さや輝きも取り戻せますよ。歯は加齢とともに黄ばんでいくので、白い歯を見せて笑うほど若々しい印象になります。もっと白い歯を望むなら、ホワイトニングも効果的です。
また、黒ずんだりゆるんだりした歯ぐきは不健康で不潔な印象を与えます。デンタルケアとともに、歯ぐきの状態を見てもらいましょう。

歯並びは人となりを表す、歯列矯正で自信のある笑顔を手に入れよう
歯並びは人となりを表す、歯列矯正で自信のある笑顔を手に入れよう

人前でうまく笑えないという人は、歯並びの悪さがコンプレックスになっているのではないでしょうか。「キレイな笑顔」は、前歯が全て見えている状態です。もし笑った時に一部の歯しか見えないようなら、歯並びが歪んでいる可能性があります。
歯列矯正は永久歯に生え変わったあと、できるだけ若いうちにやったほうが、健康な歯も抜かずに短期間でできるのでおすすめです。もし子どもの歯並びが気になるようなら、早めにかかりつけの歯医者さんに相談してください。歯科治療の先進国であるアメリカでは、歯並びは家庭環境を表すと考えられています。もしお子さんが将来グローバルに活躍することを望むなら、歪んだ歯並びは治すべきでしょう。
大人であっても、最近は歯の裏側に取り付ける矯正装置などもあり、矯正していることを周囲に知られないように治すことも可能です。自信のあるすてきな笑顔のためにも、歯並びを整えましょう。

「歯列矯正歯科&審美歯科」について詳しくはこちら

スマイルコンセプト お問い合わせ

^