最新情報
歯並びの矯正のメリットは見た目だけじゃない

歯並びの矯正のメリットは見た目だけじゃない

日本人が持つコンプレックスの1つに、「歯並び」と「歯の白さ」が挙げられます。きれいに揃った白い歯は、それだけで好感度アップにつながります。日本と比較し、欧米などは予防意識が高く、歯並びを気にして八重歯を嫌います。痛いなどの理由から、何かと敬遠されがちな歯科ですが、彼らは、幼少期から予防歯科に通い、必要に応じて、当たり前のように歯列矯正を始めます。日本はその点、まだまだ遅れているように感じてなりません。高額な治療費を出す意味は、見た目の美しさを追求するだけのものなのでしょうか? 大事なことは、口内環境の健康を取り戻すためなのです。

好印象を得るには、まず口元が重要なカギになる

第一印象を決める要素、それはやはり「見た目」であることに間違いはありません。今後のつきあい方にも影響を及ぼすほど、重要なポイントとなるでしょう。皆さんは、自分の笑顔に自信がありますか?きれいな歯が覗く口元は、笑顔をより美しくします。そして、好感が持てる人物としてだけでなく、清潔感のある人だと印象づけるでしょう。清潔なお口の中を保つためには、日々の歯磨きが必要不可欠になります。では、歯並びの悪さがもたらす悪影響とは、一体何なのでしょうか?ここに、いくつかの項目をまとめていきましょう。

滑舌の悪さ
歯並びに問題を抱える多くの人は、自分の滑舌の悪さに気づかされます。最も発音しにくいとされるサ行を始め、タ行やナ行、ラ行のような、歯と舌が密接に関係するような発音に問題を生じます。このことから、歯と舌を巧みに使う言語を持つ諸外国の人が、早くから矯正をする理由がわかります。
口呼吸の問題点
いわゆる「出っ歯」や「受け口」と言われる人は、唇を閉じる事が困難な場合が多く、口呼吸になってしまうことが問題視されます。理由は、口の中が乾燥してしまい、唾液の持つ自浄作用が期待できなくなってしまうからです。これは、口内に細菌が繁殖しやすくなることを意味していますから、口臭も酷くなるでしょう。また、人より虫歯や歯周病に罹るリスクが高くなるわけです。
歯磨きが大変
日々の食事でも問題はあります。食事中に、物が詰まりやすいと感じることはありませんか? 同時に、磨きにくさを実感しているのではないでしょうか? デコボコした並びの歯を磨こうとすると、毛先の当たり方にムラが出来てしまい、当然くぼんでいる部分には毛先が届かず、歯垢を掻き出すことはできません。汚れの残った歯がどうなるか、それはもちろん、虫歯の原因になりますし、歯肉炎などの歯周病をも引き起こします。

このように口内環境が崩れることは、口臭の原因にもつながりますから、人とのコミュニケーションの場でも問題が生じます。その上、恐れていた歯周病に罹り、噛む力まで弱まってしまい、延いては消化器系などの内臓器官にまで悪影響を及ぼしかねません。持病の頭痛も肩こりも、実は噛み合わせのズレから引き起こされているかもしれません。もはやこれは、見た目だけの問題ではないのです。

正しいブラッシング方法

歯並びの矯正のメリットは見た目だけじゃない

例え、きれいな歯並びの持ち主でも、歯ブラシだけで歯垢を除去することは困難ですから、歯列の悪い人の歯磨きが、いかに大変かは想像つくと思います。補助的清掃用具として代表的なものに、歯間ブラシやデンタルフロスが挙げられますが、これらを用いて、やっと完璧な歯磨きに近づけるでしょう。ただしそれは、正確な使い方をした上でのことです。そこで、歯磨きのプロでもある、歯科医師や歯科衛生士の指導は重要といえます。

磨き方のポイントは、大まかに3つのことを覚えておきましょう。

①まず歯ブラシは、鉛筆と同じように持ちましょう。
②そして毛先を、歯と歯茎の境目斜め45度に当てて、優しく小刻みに磨きましょう。
③自分の歯並びや、歯の形を考えながら、磨きましょう。

磨き残しの目立つ場所は、「歯と歯ぐきの境目」「歯と歯の間」「噛み合わせ」が最も多いのです。言い換えれば、虫歯などの問題が起きやすい場所といえます。ここを意識しながら、優しい力で小刻みに磨きます。前歯なら縦、奥歯なら横に歯ブラシを持ち替えると磨きやすくなります。そして、歯ブラシでは困難な場所を、フロスや歯間ブラシで上手く除去していくのが、理想の歯磨きになります。

間違った知識を持った人がやりがちなブラッシング方法に、多量の薬用歯磨き粉で、ゴシゴシ力任せに磨くことが挙げられます。これでは、大事な歯に傷をつけるばかりです。最悪、知覚過敏にもなってしまいますから、絶対に避けなければなりません。まずは、正しいブラッシング方法を、歯科医院にて指導していただくことが重要です。

まとめ

歯並びが持つ重要性は、心と体に大きな影響力を与えます。まさか、これが原因?と思う人もいるでしょう。実際、歯列の悪さがコンプレックスとなり、笑顔が失われてしまうという、悲しい現実があります。また、あなたの体調不良も、実は口内環境の崩れからきているかもしれません。健康維持に必要不可欠なのは、美味しい食事を自分の歯で食べることにあります。見た目も大事ですが、健康な歯で、いつまでも心身共に元気で過ごすことが、最も大切ではないでしょうか。

スマイルコンセプト お問い合わせ

^