最新情報
しゃくれの種類と原因とは!?矯正で治る可能性も

しゃくれの種類と原因とは!?矯正で治る可能性も

下の顎が前に出ている「しゃくれ」は、咬み合わせや発音にも異常を生じる場合があります。何よりしゃくれはその顔貌に悩みをもつ人が多いでしょう。ただ、しゃくれにも様々なタイプがあり、美容整形まで踏み込まなくても矯正治療で治るケースもあります。またしゃくれの原因となる癖などを早めに治すことで、しゃくれを予防したり改善することも可能です。
今回はしゃくれのタイプやその原因、そしてしゃくれを予防する方法やしゃくれを治す矯正治療などについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

しゃくれのタイプとその原因

一般的にしゃくれと言うと、下の顎が上の顎より前に出ている顔貌を示します。ただ、しゃくれには骨格的な問題から生じるものと歯並びの問題から生じるものがあり、その原因も様々です。

しゃくれには2つのタイプがある

しゃくれのタイプの1つは、下の顎の位置や大きさに異常があるケースです。歯科では「下顎前突症(かがくぜんとつしょう)」と言い、下顎の骨が前方に突き出し、それによって咬み合わせも全体的に前方へずれてしまいます。
しゃくれのもう1つのタイプは、歯並びに問題があるケースです。通常、前歯は上の歯が下の歯を少し覆うような位置で生えそろいます。しかし上の前歯が内向きに生える、もしくは下の前歯が外向きに生えることで、前歯の咬み合わせが反対になる場合があります。歯科ではこれを「反対咬合」と言い、反対咬合には骨格の異常を伴うものと、骨格には問題がなく歯並びのみに限定されるものがあります。
反対咬合は「受け口」とも呼ばれ、しゃくれとは厳密に区別される場合もありますが、下顎前突症と反対咬合を総じてしゃくれと呼ぶことが多いようです。

しゃくれには先天的と後天的原因がある

下顎前突症のように骨格的に異常があるしゃくれは、その原因に遺伝的要素が関係しています。人種的に見ても、日本人を含む黄色人種は、他の人種よりも下顎前突の人が多いようです。
しかし、しゃくれは生まれつきによるものばかりとは限りません。しゃくれは、指しゃぶりや舌を前に突き出す、顎を前に突き出すなどのような習癖によっても引きこされます。また口呼吸も顎をしゃくれさせる大きな原因です。

しゃくれは自分で治せるのか?

しゃくれは自分で治せるのか?

近年では様々な情報があふれており、しゃくれを自分で治すマッサージなどの方法などの情報も多く見受けられます。しかし、しゃくれは自己判断で治そうとすると非常に危険です。情報を安易に信じて実行すると、かえって顔貌を変形させたり、歯並びが悪くなる危険があります。ネット上の情報を実践する時は、歯科医師に相談した上で、大丈夫だと判断された場合のみにしましょう。
しゃくれには先に述べたような習癖が原因で引き起こされる場合があります。もしそのような「癖」に心当たりのある方は、その癖を見直すことでしゃくれを予防したり、多少の改善を見込むことができるでしょう。

舌の位置に注意する

しゃくれを引き起こしやすい要因の1つが舌の位置です。舌は安静にしている時に、上の顎と接触している状態が正しい位置になります。しかし舌が上の顎ではなく、下の顎の内側にすっぽりと入りこんでいる状態の場合、舌が下顎を前に突き出す力が加わりやすく、しゃくれの原因になっています。
特に注意すべきは、鼻づまりなどが原因で口呼吸をしてしまうケースです。口で呼吸すると、舌の位置は下の顎の中に留まらざるを得ず、結果としてしゃくれを促す要因となってしまします。しゃくれが気になる人は一度自分の舌の位置を確認してみて、もし問題があれば舌を上の顎に接触させるポジジョンを意識するように心がけましょう。

その他の癖も早く治しておこう

しゃくれは舌の位置の他に、指しゃぶりや爪噛み、また下の顎をわざと突き出すといった行為よっても引き起こされます。特に成長過程の子供には注意が必要で、早いうちからこのような癖を治しておかないと、歯並びが悪くなったり下の顎を不用意に前に突き出させてしまう原因になってしまいます。

しゃくれは矯正治療で治る

しゃくれは矯正治療で治る

しゃくれを治すには、やはり歯科で専門的な治療を受けることが1番安全です。小さな子供であれば矯正治療によって顎の成長をコントロールすることで、早い段階からしゃくれを予防することができます。

またしゃくれは成人であっても矯正治療で改善することは可能です。しゃくれは上の歯よりも下の歯が前にでているため、矯正治療で上の歯を前に出したり、下の歯を引っ込めたりすることによってしゃくれを改善することができます。

ただ骨格のズレが大きく、矯正治療のみでは改善が難しいケースもあります。その場合は矯正治療に加え外科手術が必要になるでしょう。

まとめ

しゃくれの多くは遺伝的要素が関係してますが、中には生まれた後の習癖によってしゃくれが引き起こされる場合もあります。したがって「遺伝だから仕方がない」と諦めてしまう前に、しゃくれになる要因が遺伝以外にも隠れていないかをよく見極めることがとても重要です。

また安易な情報でしゃくれを自分で治そうとするのは非常に危険です。しゃくれは矯正治療でも治る可能性があるので、まずは専門医に相談してみましょう。

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

17.11.01
健康な唾液量とは?唾液量を増やすための対策
1日の唾液量はどのくらい出るのか知っていますか?答えは1L~1.5Lです。そんな出ているの!?と思う人もいるでしょう。唾液は身体 …続きを読む

17.10.01
歯医者で使用する器具を「滅菌」しないとどうなる?
2014年に歯科業界に大きな打撃を与えた記事を知っていますか? 読売新聞が報じた「歯を削る機器 7割使い回し」というタイトルの記 …続きを読む

17.09.01
歯列矯正の治療中は歯のクリーニングが難しい!
矯正装置を装着していると、口には異物が常に入っている状態と同様で、食事後の食べかすなども残りやすくなるため、虫歯や歯周病のリスク …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^