マウスピース矯正 インビザライン
マウスピース型矯正歯科装置 インビザライン
透明で目立たないマウスピース型矯正装置 インビザライン
インビザラインとは?
インビザラインは、取り外し可能な透明のマウスピース型矯正装置(インビザライン・アライナー)を用いて矯正を行う方法です。

マウスピース矯正 インビザライン

米国のアラインテクノロジー社が開発したうすい透明のマウスピース型の矯正装置で、アメリカ・ヨーロッパをはじめ世界中の患者様に使用されている矯正装置です。

2016年12月現在において世界で420万人以上の患者様が治療をなさっておりますが、
現時点の日本では、インビザライン完成物は、医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合がありますので実績のある矯正専門医院でご相談なさる事をお勧めいたします。
ご自宅でカスタムメードされたマウスピース(アライナー)を2週間に1度交換して行くことにより歯を徐々に動かしていきます。
ワイヤーを使用しないため、見た目はつけているのがほとんどわかりません。
ご自宅で治療を進めて行くことができることから1.5~3ヶ月の間隔の通院で治療が可能になります。
見えない矯正治療、目立たない矯正器具、通院回数の少ない矯正治療をご希望される方へオススメの最新の矯正治療です。

インビザラインはこんな人におすすめ

◆営業職・接客業・アナウンサーのような、人前に出る機会が多い方
◆ワイヤー矯正など、固定式の装置にわずらわしさを感じる方
◆普段と同じように、おいしく食事を楽しみたい方
◆金属アレルギーのある方
◆セルフコントロールができる方(*装置の取り外しができるため)

インビザラインの特徴
透明で目立たない

透明で目立たない

透明なマウスピース型の装置のため、普段の生活の中で他の人に気づかれることはほとんどありませんので、見た目を気にせず矯正治療を受けることができます。

取り外しができて衛生的

取り外しができて衛生的

アライナーは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。従来型の矯正装置のように装置と歯面の間にプラークが沈着することがないので矯正中は歯や歯周組織を健康に保つことができます。

痛みが少ない

痛みが少ない

インビザラインは従来型の矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。インビザラインでは一つのマウスピースで動く歯の移動量が0.25mmと決められており、過度な力がかかりにくいことが理由の一つです。

金属アレルギーの方も大丈夫

金属アレルギーの方も大丈夫

インビザラインはプラスチック製のため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。
金属アレルギーの方でも安心して矯正治療が可能です。

しゃべりやすい

しゃべりやすい

薄くなめらかな装置なので裏側矯正装置のような厚みや凹凸がないためしゃべりづらさや発音障害がありません。接客業務などの仕事をされている方にも気軽に矯正を始めることができます。

インビザライン
スマイルコンセプトは、商品名インビザライン・アラインテクノロジー社から認証を受け取り扱いを開始しています。

「invisalign」では、矯正歯科専門医以上に認定講習を行い、インビザライン社から認証を受けたDrのみの取り扱いとなっています。インビザラインに精通した医院で、安心して治療を受けることが出来ます。患者様に安心してインビザライン治療を受けて頂くことが出来るように研鑽を続けています。

スマイルコンセプトでのマウスピース矯正・インビザライン治療7つの安心!
1.スマイルコンセプトDrは、全員がインビザラインに精通したDrです

スマイルコンセプトDrは、全員がインビザライン認定Dr

院長はマウスピース型矯正治療経験年数11年です。日本に商品名インビザラインが導入された初年度より治療を行って参りました。

2.インビザラインで治らないことは絶対にありません。ただし適応症を正確に判断しなくてはなりません。

インビザラインで治らないことは絶対にありません

どのような治療法にも適応症(向いている人・向いていない人)があるようにインビザライン治療にも適応症があります。適応症を軽視しやみくもにインビザラインを作成しましても良好な治療結果を得ることは出来ません。適応症に合わせて正確に移動させる必要があります。インビザライン治療を行う上では、適応症に応じ矯正治療一筋26年の治療実績データを入力します。治療計画は、あなたに最適な治療計画を個別に入力し本当に治るマウスピースを作成します。実はマウスピース作成メーカー推奨の治療計画では、良好な治療結果は生み出せません。治療効果も今一つとなってしまいます。良好な治療結果を生み出すためには、患者様のご希望と歯並びにあった個別の治療計画が必要です。スマイルコンセプト矯正歯科では、これまで手掛けた8000名以上の患者様の治療から得た診断・治療方針の立案、歯の動き方と動かし方などのノウハウをダイレクトに組み込み個々のマウスピース一つ一つ丁寧に治療計画を入力し作成を行っておりますので、必ず予定の目標に到達することが出来ます。ただし推奨使用時間通りにご利用になれない場合には、治療期間が延長してしまうか、目標到達が出来ない可能性がありますので、使用時間だけはご注意下さい。さらに、もし治療終了時にその結果にご満足いただけない部分がありましたら、マウスピースを無償で追加作成させていただきます。

3.マウスピース矯正・インビザラインの欠点、もし虫歯になってしまったら大変です

マウスピース矯正・インビザラインの欠点、もし虫歯になってしまったら大変

治療中、虫歯の治療も可能です。しかも装置の作り替えは必要ありません。
マウスピース矯正の場合、歯型を取った後に装置を作成します。その為、通常治療中に
虫歯になってしまった場合には、虫歯治療の為装置が不適合となってしまい治療継続が困難になってしまいます。また虫歯治療の為に一般歯科医院に通院し、その後矯正医院へ戻り再度歯型の取り直しを行い作成会社に作成依頼を行ってようやく治療継続できるマウスピースが出来上がってきます。その間の時間的なロスは思ったよりも大きく治療期間の延長を余儀なくされてしまいます。
スマイルコンセプト矯正歯科では、矯正治療と同時に虫歯治療も可能で、虫歯の治療の際には、元々の歯の形、大きさの状態に寸分狂いなく復元治療する技術を持っています。よって装置の再製は必要ありません。装置再製による治療期間のロスや装置再製費用の無駄もなく治療継続が可能です。治療中も安心して治療を行うことが出来ます。

4.最長5年間の保証付

最長5年間の保証付

治療開始後5年間の間、装置の破損、紛失の場合でも¥0でマウスピースを再製させていただきます。また治療後、リテーナーなどの未使用により後戻りが生じてしまった場合には、新たなマウスピースを作成し後戻りの補正を行います。その際の装置作成費用も¥0とさせていただきますので、治療中も治療後も安心です。

5.治療中「短期留学」や「通院間隔を伸ばす」、「通院回数を減らす」ことが可能!

「短期留学」や「通院間隔を伸ばす」、「通院回数を減らす」ことが可能

歯の移動チェックシステム※を導入すると治療中「短期留学」や「通院間隔を伸ばす」ことが可能となり遠方から通院なさっている方やお忙しい方は、「通院回数を減らす」ことが出来るようになりました。

6.自分自身やお子様の歯並びがちゃんと良くなっているのか、また計画通り動いているのか不安な方へ 治療中いつでも治療状況の確認が出来るようになりました

自分自身やお子様の歯並びがちゃんと良くなっているのか、また計画通り動いているのか不安な方へ 治療中いつでも治療状況の確認が出来るようになりました

※歯の移動チェックシステムは、遠隔よりあなたの歯並びや歯の移動をコンピューター上でチェックします。予定通りに正確に歯の移動が生じているのかどうか、その他問題が発生していないかどうかということを、通院することなく担当医がチェックを行うと共に、システムコンピューター上で予め計画された治療計画や予定と照らし合わせながら、自動的に歯の移動チェックを行います。何らかの緊急時(歯が予定と異なる移動が生じてしまった。治療効果が出ていない。装置が壊れてしまった。歯が異常に削れてきている。歯ブラシが行き届いていない。等)には、アラートメール(お知らせ)でご本人やご父兄の方へお知らせを送信することが出来る画期的なシステムです。患者様がお子様の場合には、ご両親までも非常に安心して治療を進めることが出来ます。

7.治療期間 最大50%短縮が可能! あまり装置を使えない方にも最適

治療期間 最大50%短縮が可能! あまり装置を使えない方にも最適

短期間の矯正治療を併用すると最大50%の治療期間の短縮が可能です。治療期間を短縮したい方は、もちろん、何らかの理由(仕事の関係上日中マウスピースをご利用できない方、少しおさぼりしてしまう方、忘れがちの方、など)によりマウスピースシステムの推奨使用時間に到達できない方にもお勧めの方法で、歯の周囲骨(歯槽骨)の新陳代謝が活性化することによって、使用時間が短くなってしまっても、予定通りに歯の移動を達成することが出来、治療期間の延長を食い止めることが出来るというメリットもあります。

インビザラインについてのブログ記事はこちら

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

17.12.01
小さいうちから注意が必要!出っ歯になる恐れがある子供の癖って?
お子さんが、いつまでもおしゃぶりをくわえていたり、指しゃぶりの癖があると歯並びが悪くなってしまうのでは?と心配になってしまうかも …続きを読む

17.11.01
健康な唾液量とは?唾液量を増やすための対策
1日の唾液量はどのくらい出るのか知っていますか?答えは1L~1.5Lです。そんな出ているの!?と思う人もいるでしょう。唾液は身体 …続きを読む

17.10.01
歯医者で使用する器具を「滅菌」しないとどうなる?
2014年に歯科業界に大きな打撃を与えた記事を知っていますか? 読売新聞が報じた「歯を削る機器 7割使い回し」というタイトルの記 …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^