最新情報
歯ぐきのかゆみは矯正装置による金属アレルギー?考えられる症状の主な原因

歯ぐきのかゆみは矯正装置による金属アレルギー?考えられる症状の主な原因

矯正治療をはじめたものの、その日から歯ぐきがかゆいと感じられたことはありますか。もしかしたらそれは『異常のサイン』かもしれません。
しかし、もし歯や歯ぐきに何か異常がある場合、おもに痛みや違和感といった症状を覚えることの方が多いかと思います。そのため、歯ぐきにかゆみを感じたところでそれを異常と考える方は決して多くはないでしょう。
ところが歯ぐきのかゆみも、痛みや違和感と同様にひとつの症状であり、れっきとした『異常のサイン』なのです。今回は、歯ぐきにかゆみを感じた時に想定される原因とその対処についてご紹介していきたいと思います。

歯ぐきにかゆみを感じる原因とは

かゆみを感じる原因のひとつに、アレルギーがあります。歯ぐきがアレルギーを発症する理由は、次のようなものがあげられます。

金属アレルギー

矯正を始めたことで歯ぐきにかゆみが出る多くの理由として、金属アレルギーがあげられます。金属アレルギーとは、金属でできたものを日常的に使用したり、金属のアクセサリーを身に着けたりすることにより体に何らかの異常が表れる症状です。
歯科治療では、歯につける被せ物や矯正により歯につける装置、また治療の際に使用する器具など、金属のものに触れる機会が非常に多くなります。金属には水につけると金属イオンが溶け出す性質があり、これが歯ぐきや粘膜に吸収されることによりアレルギー症状が表れるのです。そのため、歯の治療をしたあとや、金属の被せ物をつけたり矯正の装置をつけたりしたあとにかゆみを覚えた場合、金属アレルギーの可能性が疑われます。
また、歯ぐきだけでなく口のなかの粘膜や舌などにもかゆみが表れている場合は、より金属アレルギーの可能性が疑われます。さらに金属アレルギーの症状は、かゆみのほかにも痛みであったり赤く腫れたり白い斑点やできものが表れたりすることもあります。そういったさまざまな異常を発見した場合、なるべく早く歯科医院に相談し、被せ物や矯正の装置を外すようにしましょう。

食物アレルギー

アレルギーは金属のほかに食べ物からの疑いも考えられます。食物は金属よりも種類が多く、あらゆる食べ物によってアレルギーの症状が表れる可能性があることから、ほとんどの食品にアレルギー項目が表記されています。
またその症状も、違和感程度の軽微なケースから発作が表れるような重篤なケースまで幅広くあり、自身にアレルギーの症状が表れていることを自覚していない人もいるのです。その例として考えられるのが、口のなかにかゆみを感じる程度であったり、ヒリヒリとした症状をわずかに感じる程度であった場合などです。よほど敏感な人でなければ、これをアレルギーの症状と考える人はあまりいないかと思われます。
もし金属の被せ物をつけた歯が一本もなく、矯正の装置もつけていない状態であるにも関わらず歯ぐきにかゆみがある場合、食物アレルギーの可能性も考えられます。また食べ物のほかにも、日常的に使っている歯みがき粉や含嗽剤(うがい薬)などが体に合わないために症状が出ている可能性も考えられます。
そういった場合は一時的に使用を中止し、症状に変化が表れるかどうか試してみましょう。食べ物も同様に、どういったものを食べることによりかゆみが表れるのかを日常的によく観察してみましょう。

虫歯や歯周病などが原因のケースも

虫歯や歯周病などが原因のケースも

これはまれなケースですが、虫歯や歯周病の症状がかゆみとなって表れていることもあります。しかし虫歯の進行による症状の場合、冷たいものや甘いものを含んだ時にキーンと強い痛みが走ったり、ズキズキとした痛みを感じることの方が多いかと思われます。
歯周病の場合も、歯ぐきが赤く腫れたり、歯ぐきから出血したり、歯が動いたりすることがおもな症状と思われます。
ではなぜ虫歯や歯周病でかゆみを感じることがあるのでしょうか。その理由は、人によって感じる症状の違いです。痛みの感じ方は必ずしもワンパターンではなく、感受性の違いによりひとりひとり感じ方が少しずつ異なっているのです。そのため虫歯が進行している歯があるために、その症状が歯ぐきにかゆみとなって表れる場合や、歯周病が進行しているサインとしてかゆみが表れる場合もあります。

歯周病の場合はかゆみのほかに前述のように歯ぐきが赤く腫れていたりすることがあるものの、虫歯の場合は歯ぐきにかゆみがあっても見た目に変化は表れません。そのため歯ぐきに異常はないのにかゆみを感じている時は、虫歯の可能性を疑うべきかもしれません。強い痛みではないからといってそのままにすると、やがて時間の経過とともに痛みに変化する可能性もあります。できるだけ早く歯科医師に診てもらうようにしましょう。

かゆみのさまざまな原因

歯ぐきにかゆみが表れる原因はこのほかにも存在しており、そのためにかゆみの原因が複数に重なっているケースも少なくありません。そういった場合は原因を特定することが難しく、特定しようとするとたくさんの時間と労力が必要になるでしょう。その際はまず虫歯や歯周病など病気の可能性を疑ってみるといいでしょう。

もし虫歯や歯周病であった場合は、先に治療を済ませることが先決です。その後も症状が変わらない場合は金属アレルギーや食物アレルギーを疑うといいでしょう。ぜひ参考にしてみて下さい。

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

18.01.01
第一印象は笑顔で決まる!歯並びが気になる人は矯正してみては?
初めての人に会うときや面接のときなど、自分の歯並びに自信がなくて思うように話しができない…ということを経験したことはありませんか …続きを読む

17.12.01
小さいうちから注意が必要!出っ歯になる恐れがある子供の癖って?
お子さんが、いつまでもおしゃぶりをくわえていたり、指しゃぶりの癖があると歯並びが悪くなってしまうのでは?と心配になってしまうかも …続きを読む

17.11.01
健康な唾液量とは?唾液量を増やすための対策
1日の唾液量はどのくらい出るのか知っていますか?答えは1L~1.5Lです。そんな出ているの!?と思う人もいるでしょう。唾液は身体 …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^