最新情報
治療中の痛みを和らげることができる?歯列矯正用ワックスについて

治療中の痛みを和らげることができる?歯列矯正用ワックスについて

ワイヤーやブラケットなどの装置を使用する矯正治療は、装置が舌や粘膜にあたることで痛みがともなうことが多いものです。また装置があたる場所にたまたま口内炎ができてしまったりすれば、苦痛以外の何物でもありません。それが理由でワイヤーやブラケットによる矯正治療を敬遠している方は、多いと思われます。そんな時のために使用する、『歯列矯正用ワックス』というものがあることをみなさんはご存知ですか。今回は矯正治療の悩みのひとつである、装置があたる痛みに対処する『歯列矯正用ワックス』についてご紹介します。

歯列矯正用ワックスの使用目的

『歯列矯正用ワックス』は、矯正用の装置が粘膜や口内炎にあたることで痛みが出る場合に、その痛みをやわらげるために使うものです。矯正装置のワイヤーやブラケットは、その種類によってブラケットが大きいものがあったり、装置をつけて日々を送っている間にワイヤーの一部が折れたりすることがあります。

口のなかの粘膜や舌は基本的にデリケートなもので、ブラケットがあたることで刺激されたり傷ついたりした場合、それが口内炎の原因になることがあります。またワイヤーの場合は装置をつけ続けていることにより劣化したり、食事の際に食べたもので折れたりしてしまうことはケースとしてよくあるものです。その折れた部分が粘膜に刺さって痛みが出ると、日常生活もままなりません。

もしブラケットがあたることが原因で口内炎になってしまった場合は、口内炎の薬を使用することで対処することができます。しかしワイヤーが折れてしまった時は、矯正治療に支障がある可能性もあるため、なるべく早く医師に相談する必要があります。

それでもすぐに歯科医院に向かうことができない場合。せめて折れたワイヤーによる口のなかを傷つけないようにするために、『歯列矯正用ワックス』は大きな効果を発揮します。
装置によって口のなかをスムーズに動かすことができない時なども『歯列矯正用ワックス』を使うと良いでしょう。

ワックスのタイプ

『歯列矯正用ワックス』のタイプは、基本的に細い紐状の形をしているものが多くなっています。それが数本ケースに収納されており、何度も使用することが可能になっています。またワックスは歯科医院で購入することもできれば、市販や通販で購入することも可能です。

ワックスは、もし装置にうまくつけることができない場合を想定して固まりにくく作られているものと、時間が経つと固くなってしまうタイプがあるので注意しましょう。ワックスは自分の手で装置につけなくてはいけないため、なかなかうまくつけられないために固まるタイプを使用すると、何度もワックスを使用しなくてはいけなくなります。それを考えるとあまり経済的ではないといった方は、すぐに固まらないタイプのワックスを使用するようにしましょう。

ちなみにワックスはシリコンタイプのものと、そうでないものの2種類が販売されています。そのうちすぐに固まってしまうのはシリコンタイプのものであるため、固まらないタイプを使用したい時はシリコンタイプではないワックスを購入するようにしましょう。

使用方法について

ここで正しく『歯列矯正用ワックス』を使用することができるように、ワックスの使用時の注意点や使用方法についてご説明します。ぜひ参考にしてみて下さい。

使用前は手を清潔に

『歯列矯正用ワックス』は矯正装置につけるものとはいえ、口のなかに入れることになるため、ワックスを使用する際は手を清潔にしておくことが賢明です。手に何かしらの付着物があるために、それがワックスについてしまった時はワックスがうまく装置につかない原因になったりすることもあります。そのためワックスを使用する前は必ず手を洗うようにしましょう。

あらかじめ歯みがきを

またワックスをつける時は口のなかも清潔にしておくことが望ましいです。ワックスをつけたあとに歯みがきをするとワックスがはがれてしまう上に、歯に汚れがついたままワックスをつけると、それが虫歯になってしまう原因になることがあります。よって装置についた汚れもしっかり取り除いてからワックスをつけるようにしましょう。

使用するワックスの量

装置にワックスをつける際は、装置につける適量のワックスをちぎり、それを指先で丸めて形を整えます。その際の量は小豆程度が良いとされていますが、つける場所によってその都度使用する量を調整すると良いでしょう。

ワックスをつける際の注意点

ワックスは乾燥しているところにしっかりくっつく性質があります。ワックスをつける場所が唾液などで湿っている場合はうまくつかないことがあるため、ワックスをつける前にティッシュやガーゼなどで水分を拭くようにしましょう。
また奥歯の装置にワックスをつける場合は、頬の粘膜が障害物になるため、指で粘膜を押さえたり、あらかじめ粘膜の方も水分を拭いておくなどの対処が必要です。

基本的に応急処置として使用すること

矯正の装置による、口のなかの痛みや不便を解決するための『歯列矯正用ワックス』についてご紹介させていただきました。しかし、『歯列矯正用ワックス』は基本的に患者自身が行う応急処置として考えるようにしましょう。
ブラケットがあたらないようにする際は継続的に使用しても問題ありませんが、ワイヤーが折れてしまった場合はワイヤーの交換が必要になることが多いものです。ワックスを使用することで安心せずに、できるだけ早く医師に修理をしてもらうようにしましょう。

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

18.01.01
第一印象は笑顔で決まる!歯並びが気になる人は矯正してみては?
初めての人に会うときや面接のときなど、自分の歯並びに自信がなくて思うように話しができない…ということを経験したことはありませんか …続きを読む

17.12.01
小さいうちから注意が必要!出っ歯になる恐れがある子供の癖って?
お子さんが、いつまでもおしゃぶりをくわえていたり、指しゃぶりの癖があると歯並びが悪くなってしまうのでは?と心配になってしまうかも …続きを読む

17.11.01
健康な唾液量とは?唾液量を増やすための対策
1日の唾液量はどのくらい出るのか知っていますか?答えは1L~1.5Lです。そんな出ているの!?と思う人もいるでしょう。唾液は身体 …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^