最新情報
「矯正の失敗」とは?原因と対処法を知って矯正治療を成功させよう

「矯正の失敗」とは?原因と対処法を知って矯正治療を成功させよう

矯正を始める方は「歯並びや見た目を良くしたい」など様々な思いや期待があることも多いことでしょう。それだけ治療への期待も高いものです。しかしながら、中には矯正治療を失敗してしまうケースもあります。
自由診療で費用も高額な矯正を失敗しないために、どのようなことが大切になるかご紹介します。

失敗とはどんなケース?

失敗とはどんなケース?

矯正では、がたつきのある歯を整えるケースも多く、「まずは見た目を良くする」ことが大きな目的となることでしょう。
歯の中心にある線を正中線と呼びますが、上下の正中線が揃っていることが歯並びを美しく見せる要素の1つになります。
また、審美歯科で使われる”Eライン”も美しい歯並びの基準となります。これは鼻先と顎先を直線で結び、横から見たときに唇がラインに触れていなければ美しく見えると言う基準です。
上顎前突(出っ歯)やオープンバイト(開咬)と呼ばれる状態では、ラインを越えてきてしまうこともあります。矯正後に歯並びが変わらない、上記のような基準より乱れているなどの症状が見られると歯並びに改善の余地がある場合もあります。

しかしながら、元の歯並びによっては、完璧な歯並びへ歯を動かすことが難しいケースもあります。あらかじめ歯科医師に確認することで、失敗であるのか知ることが出来ます。

難易度が高い乱ぐい歯のケース

矯正の難易度が高いほど、矯正が失敗してしまう可能性も高くなってしまいます。乱ぐい歯も治療が難しい症例の一つです。乱ぐい歯とは歯が前後にずれているなど、がたつきが強いケースです。もともと顎が小さかったり、歯が大きいなど歯と顎のバランスが崩れることが原因と言われています。
矯正治療の際には、抜歯をして歯を並べるスペースを作ってから、歯を動かす場合もあります。捻れを伴っていることもあり、治療法も複雑になりがちです。
手っ取り早く白く美しい歯並びにする方法として、セラミックの差し歯を利用することも出来ます。これにより、治療期間をかけることなく白い歯を手に入れることが出来ますが、デメリットもあります。天然の歯でないセラミックは天然の歯と比べて寿命が明らかに短くなります。経年劣化とともに、セラミックの強度は下がっていくため、一度入れたからと言って、一生涯使用が出来るものではありません。
安易に矯正が難しい症例だからとセラミックのやり換えを進めてくる歯科医院は注意が必要です。カウンセリングの際には治療方針や根拠をしっかり共有し、納得した上で治療を始めるようにしましょう。

失敗の原因

では、矯正治療が失敗してしまう原因はどのようなことが考えられるでしょうか。まず、あげられる原因として、そもそも矯正が難しいケースが考えられます。開咬の場合など、噛み合わせに問題があるときには、歯並びだけでなく、噛み合わせも同時に修正をする必要があり、難易度も高くなります。

歯科医師の技術が伴っていないと思われる方もいるかもしれませんが、患者さまに原因がある場合もあります。
通常、矯正治療が終わるとリテーナーと呼ばれるマウスピースのような器具を装着します。これは、矯正後の歯が元の位置に戻ろうとする動き(後戻り)を防ぐための装置です。この装置の装着を怠ると、せっかく治した歯が元の位置に戻り歯並びが乱れ、矯正治療が失敗したと思われてしまうこともあります。

失敗を防ぐためには?セカンドオピニオンという選択肢も

矯正治療を進めていくうちに「これは失敗かも?」と思うこともあるかもしれません。しかしながら、歯も動かしてしまっているので、治療をなかなか途中で止めるのは難しいかもしれません。そんなときの対処法として、歯科医院を変えて別の場所で治療を続けるセカンドオピニオンが有効なケースもあります。
一昔前までは、矯正治療はワイヤーで歯を動かす方法が一般的でしたが、治療の選択肢も広がりつつあります。治療に不安点や疑問がある場合には、歯科医師に質問し、それでも解決しない場合には、別の歯科医院で治療を行うことも選択肢の1つです。新しい治療法により、難しいとされていた治療が可能になったり、より美しい治療が出来ることもあります。しかしながら、新しい方法は実績が少ないなど、確実性が低いこともあるため、治療が出来るからと安易に飛びつくのも注意が必要です。

まとめ

矯正治療において、必ずしもすべての人が思い通りの歯並びに治療が完了することが出来ないのも現実です。しかしながら、予め準備をしっかりしておく、対処法を頭に入れておくだけでも安心して治療を進めることが出来るでしょう。

そのためにもまず最も大切なことは、歯科医師とのコミュニケーションです。治療計画を話し合うカウンセリングの際に、歯科医師と完成後の歯並びやイメージを共有しておくことが大切です。この時点で相違があると、患者さまのイメージと本来の治療で行うことが出来る治療の完成イメージがずれてしまう可能性があります。

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

17.11.01
健康な唾液量とは?唾液量を増やすための対策
1日の唾液量はどのくらい出るのか知っていますか?答えは1L~1.5Lです。そんな出ているの!?と思う人もいるでしょう。唾液は身体 …続きを読む

17.10.01
歯医者で使用する器具を「滅菌」しないとどうなる?
2014年に歯科業界に大きな打撃を与えた記事を知っていますか? 読売新聞が報じた「歯を削る機器 7割使い回し」というタイトルの記 …続きを読む

17.09.01
歯列矯正の治療中は歯のクリーニングが難しい!
矯正装置を装着していると、口には異物が常に入っている状態と同様で、食事後の食べかすなども残りやすくなるため、虫歯や歯周病のリスク …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^