最新情報
矯正ができない人の歯の状態について
矯正治療のハードル

矯正治療のハードル

ひと昔前と比較すると、顎骨の発達が著しく低下しつつある現代人にとって、歯の矯正をすることは珍しいことではなくなってきています。しかし、矯正治療はいまだ保険適用外。それにより、なかには矯正をしようと考えているが、費用の問題からそのままにしてしまっている、という人もいることでしょう。そういった患者の気持ちを考慮し、あまり費用がかからず、手軽にできる簡単な矯正治療を取り入れる歯科医院が増えてきました。

その結果、歯科矯正が受けやすい治療に変わり、また矯正に消極的だった人たちも少なくなってきました。しかし、とある理由によって矯正ができないと言われてしまった人もいるのではないでしょうか。そのひとつとして考えられるのが、矯正を希望した歯の状態です。では、どういった状態の歯が治療を難しくしてしまうのでしょうか。

歯の骨がない場合

我々の歯は歯槽骨という骨によって支えられていますが、矯正治療をするためにはこの歯槽骨の状態がとても重要になってきます。というのも、食事の時に食べ物をよく噛めたり、重い物を持ち上げようとする時にグッと力を入れられるのは、歯が歯槽骨によってしっかり支えられているからです。矯正治療では歯を動かす時、表面に見えている部分だけでなく歯槽骨の中にある根ごと移動させます。そのため、歯を動かしたところに歯槽骨が少ないと、歯の支えがないために歯がグラグラしてしまうのです。歯はしっかり噛めることが大前提。矯正をしても、歯を満足に使えなくては矯正をした意味もあまりありません。

歯槽骨がなくなる理由

歯槽骨がなくなる理由

歯槽骨が減少する原因はさまざまで、そのひとつは歯周病です。歯周病は歯の骨を溶かす病気として非常に有名です。そもそも、なぜ歯周病が歯の骨を溶かすかというと、歯の歯周組織が歯周病の原因菌によって感染し、感染が歯槽骨にまで及ぶと、骨がなくなっていきます。その理由は体の防御反応によるもので、感染した骨はもう元に戻ることはできないため、不要な物として病原菌とともに体の外へ排出されてしまうのです。これにより次第に骨がなくなっていくと、しっかり歯が支えられず満足に使えなくなってしまうのです。次に、虫歯などが原因で抜歯した場合です。非常に深いところまで虫歯が進行し、被せ物を作ることも難しくなってしまった歯は抜かれることが多いです。

その後、支えるべき歯がなくなった歯槽骨は、歯の喪失とともに次第に失われていくことがあります。そのため、抜歯をしたあとの経過が短いうちに矯正をすれば歯槽骨が失われずに済むことがあります。また、老化現象によって歯槽骨が減少することもあります。若い頃に比べて歯の骨が痩せてしまったと感じるのは、このことが理由です。

歯と歯槽骨が密接している場合

歯と歯槽骨が密接している場合

歯槽骨がしっかりある人でも、歯の状態によって矯正が難しくなることがあります。それは、歯の根が歯槽骨とくっついてしまっている場合です。これを骨性癒着といいます。骨性癒着は外側から歯を見ただけでは判断ができないので、レントゲンを撮ることによって判明します。なぜ骨性癒着が矯正を難しくするのかというと、歯と歯槽骨の間には必ず歯根膜という組織があることが関係しています。歯根膜は歯を噛み合わせたりした時に力が加わると、歯が受けた力を分散するクッションのような役割を持っています。そのため、歯はしっかり骨に支えられているようで、実はほんの僅かに動揺するのです。しかし、何らかの理由で歯根膜の組織が傷つき、それが原因で歯根膜が一部失われると、その部分の歯槽骨と歯の根同士がくっつき合い、癒着してしまうことがあるのです。歯槽骨としっかりくっついた状態の歯は、言うなれば鎖で繋がれたようなもので、簡単に離れることはありません。

骨性癒着の・原因

骨性癒着は歯根膜の損傷が理由となって起きる現象ですが、なぜ歯根膜が傷つくかというと、考えられる原因は大きく分けて二つあります。ひとつは、歯に強い衝撃を受けた場合です。これは、歯の中で一番無防備な場所にある前歯によくある例ですが、走っていて転んでしまった。野球などのスポーツをしていてボールが当たってしまった。などの理由から歯が強い打撃を受けると、歯根膜の組織が傷つき、歯から出血したり、歯がグラグラ動いたりすることがあります。また、最悪抜け落ちてしまうといった場合もありますが、いずれにしても衝撃を受けた歯は、しばらく固定して安静にさせることで痛みが消え、元通りになります。しかし損傷した歯根膜はその部分が治癒とともになくなってしまい、歯槽骨もしくは歯の根のどちらかが歯根膜という境界を越えて侵食し、骨性癒着が起きます。また、移植した歯の場合も、同様の原因で将来的に骨性癒着が起きる可能性があります。

日常のケアと、事前のレントゲンが大切

日常のケアと、事前のレントゲンが大切

歯周病や虫歯は普段の歯みがきでしっかり予防し、また定期的に検診をすることで重症化を防ぐようにしましょう。骨性癒着は、過去に歯を負傷したことがある人や、歯の移植手術を受けたことがある方は注意が必要です。必ず矯正をする前に歯のレントゲンを撮ってもらうことをおすすめします。

スマイルコンセプト お問い合わせ

^