矯正歯科治療法
症例写真集
治療中の患者様専用ページ
本ページは、現在、医療広告ガイドラインに対応中の為、修正作業中です。
以下、医療広告ガイドラインについて(ゼロメディカル社 サイトより転写)

医療広告ガイドライン-2018年度から医療機関ホームページは「広告」です

『医療機関ホームページガイドライン』というものをご存知でしょうか。

人の健康や生命に関わる医療行為は、その「広告(看板・チラシ等)」のあり方が“医療法”によって厳しく定められているのに対して、インターネット上のホームページは「広告」とはみなされていないので明確な決まりがありませんでした。

しかし、やはり健康や生命に関わる内容なので無法地帯というわけにはいきません。 医療機関のホームページの適切なあり方を示すため、2012年に厚生労働省が作成したのが『医療機関ホームページガイドライン』です。

現状ではホームページは「広告」ではなく、『ガイドライン』はあくまでも指針なので、虚偽・薬機法違反・著しい誇大など、他の法律に抵触する場合を除いて罰則が適用されることはありません。 ところが、インターネット上の情報が原因の消費者トラブルが増加し続けているという背景を踏まえ、ホームページも「広告」に加える動きが着実に進行しているのです。

2017

2017年6月。“医療法”の改正法が公布されました。

その内容の目玉の一つが「医療に関する広告規制の見直し」で、すでに次のような方針が決定しています。

【美容医療サービスに係るホームページ及び事前説明・同意に関する建議(消費者委員会 平成27年7月)】

1.医療機関のホームページを医療法上の「広告」に含めて規制の対象とすること。

2.(1が行うことができない場合)少なくとも医療法に基づき禁止している虚偽広告や誇大広告等については、医療機関ホームページについても禁止すること。

「医療法等の一部を改正する法律の概要(医療に関する広告規制の見直し)」の掲載より抜粋

インターネットを使った情報発信や集客が一般的になり、多くの人がホームページを閲覧するようになったことで、医療機関ホームページが原因の消費者トラブルが増加しています。

以前からホームページが広告規制の抜け道になっていると問題視されていましたが、ここにきて厚生労働省が本格的な対策に乗り出したのです。

今回公布された法律は、施行が公布日から1年以内と定められています。

2018年6月までに、医療機関ホームページに対する規制が開始されるのです。

しかし、現在「広告(看板・チラシ等)」で認められている項目は、医師名・診療科名・提供される医療の内容など、非常に限定的です。 もし、ホームページまで「広告」として規制が適用された場合、情報提供の場としてのホームページの魅力まで損なわれ、患者が知りたい情報が得られなくなる可能性もあります。 そのため、現在、いくつかの規制を例外的に解除することが議論されています。

現行と2018年6月(予定)の変更

医療広告ガイドライン説明図1

症例写真
矯正治療で「どのように治るの?」「どのように矯正治療は進んでいくの?」

矯正歯科の症例写真をアップ致します。ご自身やお子様の歯並びと似ている写真を探してみましょう。
「どのように治るのかな?」治療後のイメージが確認出来ると思います。

叢生(がたつきや乱ぐい歯の方々です)

上顎前突(いわゆる出っ歯の方)

反対咬合(前歯が上下逆になっている方です)

交差咬合(かみ合わせが左右にずれていたり、前歯が上下逆になっています)

開咬(前歯がかみ合わないで、かみ合わせの不良になることや発音などが不明瞭になるかみ合わせ)

過蓋咬合(前歯のかみ合わせが深く、あごに負担がかかりやすい不正咬合)

空隙歯列(いわゆるすきっ歯の方)

ページの先頭へ

スマイルコンセプト お問い合わせ

^