最新情報

矯正歯科を受けた後に気を付けるべき歯のケア方法とは

矯正後の後戻りを防ぐ

矯正歯科の治療は2~3年に及ぶことが多く、長期に渡って続ける必要がある治療方法です。理想の歯並びになったとしても、そのまま治療が終わるわけではありません。矯正が終わった状態は、歯の根が柔らかく動きやすい状態になっています。詳しい原因は明らかになっていませんが、親不知が生えているなど、顎に歯が並ぶスペースが不足していると、元の位置に戻ろうとする力が強く伝わりがちになります。そのため、治療前の状態に歯が戻ろうとする現象、「後戻り」の現象が発生してしまうのです。

そのままにしておくと、食事や噛みしめ等の力が加わった際に、元の位置に歯が戻ってしまう恐れがあります。
こうした後戻りを防ぐのが、「リテーナー」と呼ばれる、保定装置です。リテーナーは矯正歯科で使用するワイヤー製ではなく、ポリエチレン製の柔らかい素材で出来ており、マウスピースに近い形をしています。これを装着することで、歯を矯正後の状態で固定し、動きを防ぐのです。保定期間は各歯科医院の治療方針にもよりますが、1~3年ほどといわれています。装着をしないとすぐに歯は元に戻ってしまうため、1日のうち出来るだけ長い時間を装着することをすすめています。最低でも夜の間は装着するようにしましょう。
実は治療後の後戻りの原因は、リテーナーの装着を怠ったことによるものも多いのです。こうしたケアに気を付けていることで、長い間、治療後の美しい歯並びを維持することが出来ます。

コラム全文を読む

インビザライン・マウスピース矯正で治療したい方 必読!!「インビザライン」・「マウスピース矯正」の現在と落とし穴

米国のアライン・テクノロジー社は、1999年、マウスピース型矯正治療「インビザライン・システム」を、アメリカの矯正歯科専門医を対象に提供を開始いたしました。
目立たず、透明、取り外しが可能な新しいアプローチの歯科矯正インビザライン・システムは、2005年頃には約38万人程度であった患者総数が10数年後には、世界90カ国以上の国々で提供されるようにもなり、これまでに約350万人を超えるほど(2016年5月現在)の患者様が治療を受けられ現在急速に広まりつつある矯正治療法です。
日本ではアメリカより約6年遅れ(2005年)に導入され本国では約10年程度の実績があります。

スマイルコンセプトは、インビザライン・システムが日本に初めて導入された初年度(2005年)より、インビザラインDr第1期生としてとして認定を受け、今日まで臨床応用を行ってきました。日本国内では最長のインビザラインの治療経験、多くの実績を持つ矯正専門医院です。
当時のインビザラインDrの認定条件は、最低矯正専門医以上が導入可能という時代でした。

以下ページには、マウスピース矯正についての最新情報をお伝えさせて頂きたいと思います。(随時更新)
歴史の浅い新しい治療法であるため、間違った認識や数々の問題点も存在し混とんたる状況になってきています。

インビザラインや各種マウスピース矯正によって良好な治療結果を獲得していただくための数々の知識と情報を学んでいただきたいと思います。

1999年インビザライン・システムが発表されてから、世界中で様々なコピー商品が発売されてきています。インビザラインと同様の治療結果からそれ以上の良好な結果を生み出すもの、矯正専門医院では全く使用に値しないようなもの、さらには普通の歯医者さんで「簡単に治療できる」・「簡単に治せる」とのうたい文句のマウスピースまで発売されているのが現状です。現在の日本では、インビザライン導入は、矯正専門医以上という当初の規定もなくなり、どの歯科医でもどの歯科医院でもマウスピース矯正(インビザライン含)の導入が可能です。
患者様は、比較的容易にマウスピース矯正治療を開始することが出来るという利点もある一方矯正の学問に関して詳しくない歯科医がただマウスピース装置を作成し、患者様にお渡ししていても良好な治療結果を生み出さないことはどなたでも推察出来ることと思います。このような日本の現状では「マウスピース矯正は、治らない」と揶揄されてしまう日もそう遠くはないと思ってしまう状況です。

コラム全文を読む

金属アレルギーと歯科治療

金属アレルギーのため、他院で矯正治療を断られた方へ

虫歯の治療跡に金属など詰められていませんか。
また金属で出来ている差し歯はありませんか。
現在ではあまり使用されなくなってきておりますが、猛毒の水銀が含有しているものもありました。まずはお口の中をチェックしてみましょう。

歯並びをよくしたいけれど・・・
私 金属アレルギー、矯正治療出来るのかしら・・
銀歯を白くしたいけれど・・・

矯正治療を行いたくても他院で断られた、矯正は無理と言われた方々が多く当院にいらっしゃいます。
ぜひ一度スマイルコンセプトにご相談ください。

コラム全文を読む

歯科矯正の医療費控除について

歯科矯正の医療費控除について

人が心身共に豊かに生きていく上で必要な歯科矯正ですが、少しでも治療費の負担を軽く出来る方法についてお伝えします。

大きくは「医療費控除」と「医療保健適応」という方法があります。

「医療費控除」とは確定申告時の税金の控除で多くの方が利用できますが、
「医療保険適応」には 特定の条件が必要となります。

歯科矯正治療は基本的には、医療保健が効かず自費診療となっていますが、一定の要件を満たすと「医療費控除」の適応が可能です。
また「国が認める生まれつきの難病」に当てはまる方には、医療保健などの助成制度を使うことが可能です。ただし、指定の医療機関で外科手術と伴に行うことが、条件となっています。また生まれつきの病名に限られている為、誰でも希望出来る訳ではありませんので、「保健適応ケース」については後述とさせて頂きます。

まずは、多くの方利用出来る、確定申告時の「医療費控除」ついてお伝えします。

コラム全文を読む

12 / 12« 先頭...89101112

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

18.01.01
第一印象は笑顔で決まる!歯並びが気になる人は矯正してみては?
初めての人に会うときや面接のときなど、自分の歯並びに自信がなくて思うように話しができない…ということを経験したことはありませんか …続きを読む

17.12.01
小さいうちから注意が必要!出っ歯になる恐れがある子供の癖って?
お子さんが、いつまでもおしゃぶりをくわえていたり、指しゃぶりの癖があると歯並びが悪くなってしまうのでは?と心配になってしまうかも …続きを読む

17.11.01
健康な唾液量とは?唾液量を増やすための対策
1日の唾液量はどのくらい出るのか知っていますか?答えは1L~1.5Lです。そんな出ているの!?と思う人もいるでしょう。唾液は身体 …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^