最新情報

矯正後のリテーナーはいつまでつける?期間の目安と注意点

矯正後のリテーナーはいつまでつける?期間の目安と注意点

長かった矯正治療が終わり、美しい歯並びを手に入れたら、今度はその美しい歯並びを固定する必要があります。それを怠ると、せっかくの美しい歯並びが崩れて後戻りしてしまう場合があります。たくさんの時間とお金を費やして治療したのに、後戻りしてしまうのは避けたいですね。
固定にはリテーナー(保定装置)を使用するのですが、このリテーナーという装置、一体いつまで使用すれば良いのでしょう?

コラム全文を読む

子供の食事時の姿勢が歯並びを決める!?

子供の食事時の姿勢が歯並びを決める!?

歯並びは子供のうちからチェックして、矯正治療の必要性などを確認しに歯科医院へ通っている方も多いかもしれません。食事内容や歯ぎしりの癖などで歯並びへ影響があるとご存知の方も多いかと思います。では、普段の食事の姿勢も歯並びに影響をあたえていることはご存知でしたでしょうか。
食事の際のマナーやしつけはしっかり行っているというご家庭も多いかと思いますが、実際にどんなことに気を付ければいいかご紹介します。

コラム全文を読む

子供の顎の成長を利用する床矯正

子供の顎の成長を利用する床矯正

子供の歯並びが悪く、矯正を考える保護者の方は多いと思います。しかし子供の矯正治療と聞くと、どんなことをするのか不安を覚えるのではないでしょうか。
子供の歯並びの悪さは色々あります。歯並びがガタガタ、すき間があいている、前歯が出ている「出っ歯」などがよく言われています。また「反対咬合」と言われる「受け口」も、子供にはよく見られます。
このような歯並びになってしまういちばんの原因は「顎の小ささ」です。本来なら正しく生え揃うはずの永久歯ですが、顎が小さい子供は、生えてくる永久歯のスペースが狭く綺麗に生えてこないため、歯並びが悪くなってしまいます。
そこで注目すべき矯正方法が、子供の顎の成長を利用した「床矯正(しょうきょうせい)」です。床矯正は取り外しができるプラスチックの装置を口腔内に装着し、顎の骨の成長を促しながら歯並びを整えていく治療方法です。
この床矯正には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

コラム全文を読む

アンカー矯正の施術後はいつから歯磨きして良いの?目安と注意点

アンカー矯正の施術後はいつから歯磨きして良いの?目安と注意点

アンカー矯正という言葉は聞き慣れない方も多いかもしれません。アンカー矯正とは、歯ぐきにインプラントを挿入し、ワイヤーを引っ掛ける治療法です。アンカー矯正施術直後は歯磨きが出来ないなど、いくつかの注意点があります。

今回は施術後、歯磨きが出来るタイミングなど気を付けるべき点をご紹介していきます。

コラム全文を読む

歯並びが悪くなった理由とは?エナメル上皮腫の早期発見にもつながる矯正

歯並びが悪くなった理由とは?エナメル上皮腫の早期発見にもつながる矯正

矯正歯科では、歯並びを治す治療を中心に行なっています。矯正歯科を受診した場合は、レントゲン写真を撮影し歯や骨の状態を診断します。もし、以前より歯並びが悪くなったような気がしてきて、矯正歯科を受診した場合も同じです。

そこで撮影されたレントゲン写真に、下顎の奥歯のあたりに骨の中の広範囲に及ぶ空洞を疑わせる様な所見が認められたら、それはエナメル上皮腫という病気かもしれません。
エナメル上皮腫は自覚症状に乏しいのが特徴です。そのために歯並びが悪くなってきたことの相談で矯正歯科を受診したことがきっかけとなり、思いがけずに早期発見されることもあります。
今回は、エナメル上皮腫の影響で歯並びが悪くなることはあるのか否かについてご紹介します。

コラム全文を読む

子供は硬い食べ物ばかり食べていれば矯正が必要ない?歯並びに与える影響

子供は硬い食べ物ばかり食べていれば矯正が必要ない?歯並びに与える影響

「子どもの虫歯も心配だけど、歯並びも気になる。」そんな悩みを抱えてらっしゃる、保護者の方も多いのではないでしょうか。
最近では、歯科検診の際に保護者の方から寄せられる質問の内容が、虫歯についてより歯並びや矯正治療の必要性を問うものが多い傾向にあるそうです。子どもの歯並びに関心が高い保護者が増えてきているようですね。
では、どうして歯並びは悪くなるのでしょうか。
歯並びは、簡単に言うと歯の大きさとアゴの大きさのバランスで決まります。
小さいアゴに大きな歯が生えてくることで、歯が並びきらずにガタガタと歯並びが悪くなってしまうのです。
歯並びが悪いのは遺伝だと考えられがちですが、最近では、小さい時の生活習慣が大きく関わっていることが分かってきました。

コラム全文を読む

矯正中止したらどうなるの?

矯正中止したらどうなるの?

矯正治療を始める際には、綺麗な歯並びを完成させようと固く決意していることでしょう。しかしながら、「海外へ留学したい」「引っ越すので別の歯科医院で治療を受けたい」「矯正治療自体を止めたい」など様々な理由により矯正治療を中止しなければならないこともあるかもしれません。

矯正治療を途中で中断した場合、支払った治療費、そして治療途中の歯にはどのような影響やリスクがあるのでしょうか。

コラム全文を読む

知覚過敏になる?矯正中に感じる歯の痛みの原因

知覚過敏になる?矯正中に感じる歯の痛みの原因

矯正中は冷たいものを食べると歯がしみるなどの症状が出ることがあります。この痛みの原因は知覚過敏です。知覚過敏はメディアでもよく取り上げられることから、ご存知の方も多いことでしょう。この知覚過敏が矯正治療中に起こる可能性もあるのです。歯に痛みを感じる知覚過敏ですが、そもそもどのような仕組みで歯に痛みを感じるのでしょうか。今回は、知覚過敏と矯正の関係についてご紹介します。

コラム全文を読む

矯正器具を一時的に外したり緩めることはできるのか?

矯正器具を一時的に外したり緩めることはできるのか?

歯科矯正の治療期間は簡単なものでも半年、大がかりな治療の場合は1年から2年以上かかってしまうものです。そのため治療が終わるまでの長い間、ほぼ毎日矯正の装置をつけておかなくてはならないのが矯正治療の大変な部分の1つと言えます。
しかし、治療のためとはいえ、社会人である場合は時と場合により、装置をつけたままにしておくわけにはいかない時もあります。また矯正装置によって何時間も歯を矯正され続けることは、肉体的にも精神的にもつらいことがあるものです。そんな時、装置を一時的に外したり、あるいは装置を緩めたりすることは可能なのでしょうか。また、装置を外したり緩めたりすることにより矯正への影響は問題ないのでしょうか。

今回は、矯正治療中の装置の取り外しにまつわる疑問についてお答えしていきたいと思います。

コラム全文を読む

八重歯はチャームポイントだから矯正はいらない?見落としがちな問題点

八重歯はチャームポイントだから矯正はいらない?

「八重歯は犬歯」と誤解して考えている人も多いようですが、実際は正常な歯列からずれて生えてしまった歯のことを「八重歯」と呼び、決して犬歯に限ったことではありません。日本ではチャームポイントと捉えられることもありますが、矯正せずに放置しておいても良いのでしょうか。今回は、八重歯を放置した場合の問題点について解説します。

コラム全文を読む

スマイルコンセプト お問い合わせ

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^