最新情報
歯列矯正とセラミック矯正はどう違う?メリットとデメリットは?

矯正装置を選ぶの女性

歯列矯正とセラミック矯正、どちらも歯並びをきれいに整えることを目的にしています。しかし、その治療方法というのは全く違うもので、それぞれにメリット・デメリットがあります。「ガタガタの歯並びが気になっていて何とかしたい!」と思っている人は、後になって後悔しないためにも、この両者の違いについてよく理解し、どちらの治療法にするか決めるようにしましょう。今回は歯列矯正とセラミック矯正について、その特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

歯列矯正とは

矯正装置を装着する女性

歯列矯正というのは、矯正歯科で行われる治療で、歯の表面に器具をつけてワイヤーを通したり、マウスピース型の装置をはめるなどして、歯自体をゆっくりと動かして歯並びを整えていく方法です。歯をゆっくり動かしていくため、治療期間は長くかかりますが、自分の歯を削ることなく、自然で健康的な美しさを手に入れることができる治療法です。

セラミック矯正とは

セラミック矯正というのは、矯正歯科ではなく、審美歯科や一般歯科で行われる治療であり、自分の歯を削ってセラミッククラウンを被せ、歯並びをきれいに整える治療法です。歯列矯正と違って歯の位置自体は動かさないため、歯列矯正に比べて非常に短期間で歯並びを整えることが可能です。

歯列矯正のメリット・デメリット
■歯列矯正のメリット
1.歯を削らずに健康的に歯並びを治すことができる

歯列矯正の最大のメリットは、自分の歯を削ることなく、健康的に歯並びを整えられることです。歯の位置を動かし、理想的な位置に持っていくため、全体的に調和のとれた、自然な仕上がりが得られます。

2.将来的に歯が長持ちする

歯列矯正では、歯の位置そのものを理想的な位置に並べるため、歯の清掃がしやすくなります。また、噛み合わせの力もバランスよくかかるようになります。そのため、虫歯や歯周病になりにくい状態にすることができ、将来的に歯が健康な状態を保ちやすく、長持ちするようになります。

3.体の様々な不調も改善することがある

歯列矯正では、ほとんどの場合、全体的に歯並びや噛み合わせを整えていきます。そのため、気になっていたガタガタの歯並びだけでなく、全体的に均等にバランスよく噛めるようになるため、それまで噛み合わせの悪さから来ていた様々な体の不調、例えば頭痛や肩こり、首のこり、耳鳴り、めまいというようなものが改善するケースが多く見られます。また、よく噛めることにより、胃腸や内臓に対する負担もかかりにくくなって、体が健康になる効果も期待できます。

■歯列矯正のデメリット
1.治療期間が長くかかる

歯列矯正では歯にダメージを与えないように動かす必要があるため、歯を一気に動かすことができません。そのため、ケースにもよりますが2〜3年くらいの期間を要することも多いです。

2.歯の表面に器具がつく煩わしさがある

歯列矯正でワイヤー矯正を行う場合、歯の表面に器具がつく煩わしさというのもデメリットとしてあげられます。違和感や食べにくい、喋りにくい、歯磨きしにくい、というような不便さがありますが、これは人によっても感じ方には個人差があります。マウスピース矯正の場合には、取り外し可能であるため、これらのような不便さはほとんどありません。

3.後戻りをすることがある

歯列矯正では歯を動かしていきますが、治療後に放置しておくと、歯は元の位置に戻ろうとする「後戻り」を起こします。それを防ぐためには矯正後、一定期間後戻り防止のための取り外しの装置を自宅でつける必要があります。

セラミック矯正のメリット・デメリット
■セラミック矯正のメリット
1.短期間で終わる

セラミック矯正の最大のメリットは「治療期間が短いこと」です。早いと1ヶ月以内で治すことができます。

2.後戻りがない

セラミック矯正では、歯そのものを動かすことがないため、後戻りの心配はありません。それゆえ、歯列矯正のように「後戻り」に対する装置を付ける必要はありません。

3.治療費が抑えられる場合がある

セラミック矯正の場合、被せる本数が少なければそれだけ費用を安く抑えることができます。

■セラミック矯正のデメリット
1.歯を大きく削ったり神経を取ることもある

セラミック矯正での大きなデメリットは、歯を大きく削る必要がある、ということです。ガタガタの歯並びの向きや形をセラミックのクラウンで無理やり整えるため、大きく削って中の神経も取らなければならない場合もよくあります。

2.歯を抜かなければならないこともある

セラミック矯正では重なり合った歯を被せ物で整えるため、邪魔な歯を抜歯するということもよくあります。

3.将来的に歯がトラブルを起こすことがある

健康的な歯を大きく削ったり、神経を取ることで歯はまっさらな状態よりも弱くなります。また、歯の傾きを被せ物で大きく変える場合、歯根の傾きと被せ物の傾きが違うため、噛み合わせ時に異常な方向に力がかかってしまい、それが歯にとって大きなダメージになることもあります。また、のちに神経を取った歯の歯根が化膿したり、被せ物が外れてしまったりするリスクも考えておかなければなりません。

歯列矯正とセラミック矯正の違いをご紹介しましたが、どちらが自分に合っているのか、ということをよく考えた上で治療法を決めることをおすすめします。もし自分ではよく分かりにくい、という場合にはスマイルコンセプトにお気軽にご相談ください。

スマイルコンセプト お問い合わせ

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^