最新情報
インプラント矯正とは?仕組みと留意点について

インプラント矯正とは?仕組みと留意点について

歯列矯正は、ワイヤーとブラケットを使った矯正治療が最も一般的ですが、最近では「インプラント矯正」と呼ばれる矯正治療が増えてきました。インプラント矯正は、いったいどんな仕組みで歯が動くのか、また注意すべき事柄についてご説明します。

インプラント矯正について

インプラントと聞くと、すぐに思い浮かぶのは、「失った歯の部分にインプラントを埋め込んで、その上に人工歯を装着する治療法」でしょう。しかし人工歯根を埋め込んで差し歯を被せるインプラント治療とは全く異なり、インプラント矯正は、矯正用インプラントという部品を使って歯を動かしながら、歯並びを整えていく方法です。

インプラント矯正の仕組み

インプラント治療を行うときに使う部品を「ミニスクリュー」または「ミニプレート」と呼び、この部品を使って歯を動かします。インプラント矯正用の部品を歯ぐきに埋めて固定具とし、歯を一定方向に動かして歯並びを整える仕組みとなっています。従来のワイヤー矯正は、奥歯と前歯をお互いに引っ張り合いながら歯を動かしていくのに対し、インプラント矯正は、インプラントを固定して一定方向に引っ張るため、歯の移動距離が大きくなることが特徴です。つまりインプラントを固定源とすることで、効率よく歯を動かすことができる仕組みになっているのです。

矯正治療では、主に奥歯を動かさず、前歯を後方に下げて歯並びを整えることが理想ですが、ワイヤー調整では前歯と奥歯が互いに引っ張り合い、その結果奥歯も動いてしまうことがあります。これに対しインプラント治療は、動かしたい歯の歯ぐきにインプラントを固定し、強い力で前歯を一定方向に引っ張って歯を動かします。また横に動かすだけでなく、歯ぐきの中へ歯を押し込むことも可能で、マルチな働きをすることができるため、このインプラント矯正は画期的な矯正治療なのです。なお、矯正終了後はインプラントを撤去します。取ったあとはほぼ綺麗に自然治癒します。

インプラント矯正のメリット

ではインプラント矯正と従来のワイヤー矯正を比較した際、どのようなメリットがあるのでしょうか。

非抜歯による矯正が可能

全てのケースとは限りませんが、ワイヤー矯正で抜歯が必要なケースでも、インプラント矯正で非抜歯が可能なケースがあります。例えば出っ歯を治す場合、上顎にインプラントを埋め込んで奥歯を後ろへ下げ、歯並びのスペースを作ります。そして裏側矯正を行って出っ歯の部分を整えていくといった方法が取られるなど、従来のワイヤー治療では小臼歯を抜歯しなければいけない症例があります。こういった場合でもインプラント矯正では抜歯をせずに歯並びを整えることができる症例が多いのです。

また奥歯も含めた歯列全体を動かすこともできます。そのため「矯正治療=抜歯」が可能となり、矯正には抜歯が絶対必要という固定概念を覆すことができる、かなり効果的な仕組み、そして治療法と言えます。ただし歯並びや顎の形状などにより、必ずしも非抜歯で治療が出来るわけではありませんので、歯科医師とよく相談して下さい。

治療期間が短くなる

ワイヤー矯正に比べ、治療期間がかなり短縮されることも大きなメリットです。ワイヤー矯正は、動かしたい部位だけでなく、動かしたくない部分まで動いてしまうため微妙な調整が必要であり、時間がかかります。これに対し、インプラント矯正は動かしたい歯だけを動かすことができるため、効率よく歯並びを整えることができます。そのため、矯正治療に要する期間が大幅に短縮することが可能です。

インプラント矯正のデメリットと注意点

治療効果の高いインプラント矯正ですが、デメリットと注意すべき点はどのようなことでしょうか。

外科手術が必要

インプラント矯正は、歯ぐきにプレートなどを埋め込む外科処置が必要です。と言いましても、人工歯根のインプラントと比べると処置そのものは大がかりではありません。それでも麻酔を打って歯ぐきに埋め込む処置を行うため、細心の注意が必要です。手術そのものは難しくありませんが、術後の腫れや痛みを伴うことがあります。また、まれに神経や血管を傷つける、感染症などの可能性もあるため、衛生管理が大切になります。こちらにも注意が必要です。

インプラントが取れてしまうことがある

矯正用インプラントは長く使うわけではないため、歯ぐきに埋めた部品が取れてしまうことがあります。取れてしまった場合は再度、インプラントを歯ぐきに埋める処置が必要になります。しかし何度も脱離する場合は、骨との不適合が考えられるため、インプラント矯正による矯正治療は難しいでしょう。

歯根を傷つけてしまうことがある

矯正用インプラントを入れ、歯が動いてくると歯の根っこがインプラントに当たってしまい、歯根を傷つけてしまうことがあります。インプラントを入れるとき、そのことをきちんと計算して処置する必要があります。インプラント矯正を考えるときは、注意して実績や症例が豊富な歯科医院を選びましょう。

どの方法で歯列矯正を行うのがよいのか、歯科医師としっかり相談を

どの方法で歯列矯正を行うのがよいのか、歯科医師としっかり相談を

インプラント矯正を含め、歯列矯正には色々な方法があり、どの治療にもメリットとデメリットはあります。ご自身の歯並びや噛み合わせの状態を確認しながら、いちばん効率よく確実な結果が出る治療法を歯科医師と相談し、選択するようにして下さい。

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

17.11.01
健康な唾液量とは?唾液量を増やすための対策
1日の唾液量はどのくらい出るのか知っていますか?答えは1L~1.5Lです。そんな出ているの!?と思う人もいるでしょう。唾液は身体 …続きを読む

17.10.01
歯医者で使用する器具を「滅菌」しないとどうなる?
2014年に歯科業界に大きな打撃を与えた記事を知っていますか? 読売新聞が報じた「歯を削る機器 7割使い回し」というタイトルの記 …続きを読む

17.09.01
歯列矯正の治療中は歯のクリーニングが難しい!
矯正装置を装着していると、口には異物が常に入っている状態と同様で、食事後の食べかすなども残りやすくなるため、虫歯や歯周病のリスク …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^