最新情報
横顔の黄金比率Eラインを作るには歯列矯正がおすすめ

横顔の黄金比率Eラインを作るには歯列矯正がおすすめ

綺麗で美しい口元とは、正面だけでなく実は横顔の美しさも求められます。横顔の口元の美しさですが、Eラインと呼ばれる基準で決まります。この綺麗で理想的なEラインと歯列矯正との関係についてご説明します。

理想的な横顔の基準「Eライン」とは

あまり聞き慣れない言葉である「Eライン」とは「エステティックライン」の略語で、横から見て鼻の先と上唇、下唇、そして顎先を結んだ線のことを意味します。この線が一直線になることが、美しい横顔および口元の基準と言われています。Eラインが整っているかどうかは、矯正治療の検査のうちのひとつである「セファログラム」と呼ばれる頭部X線規格写真にて調べることが可能です。

Eラインにおける日本人と欧米人との比較

Eラインにおける日本人と欧米人との比較

日本人と欧米人を比べてみると、骨格の違いからEラインの比率も異なります。Eラインを発表したアメリカの矯正歯科医師による定義では、「上下の唇がEラインに触れず、少し後ろの位置にある」のが理想のEラインとされています。この定義から考えると、日本人の骨格の特徴として鼻がやや低いことから、欧米人の理想の定義よりも、Eラインと上下の唇の先端が接した状態が理想ということになります。

歯並びの悪さや不正咬合とEラインとの関連性とは

歯並びの悪さや噛み合わせの悪さは、Eラインと大きく関わります。綺麗な横顔の定義から考えると、鼻先よりも上唇や下唇そして顎が出ている場合、Eラインが大きく乱れることになります。Eラインを乱す歯並びは次のとおりです。

出っ歯(上顎前突)

いわゆる「出っ歯」と言われている上の歯が飛び出した歯並びです。出っ歯は横から見ると上唇が突き出ているため、Eラインに乱れを生じさせます。

受け口(下顎前突)

下の歯が上の歯よりも出ているため、「受け口」「しゃくれ」と言われる歯並びおよび不正咬合です。Eラインの比率から考えると、上唇よりも下唇や下顎が出ており、Eラインが綺麗な直線になりません。

上下とも歯が出ている(上下顎前突)

専門的には「上下顎前突」と言われ、読んで字の如く、上下の歯ともに前へ突き出している歯並びです。最近目にする「口ゴボ」とも言われているこの不正咬合は、Eラインを大きく乱します。

Eラインが乱れるのは、日常的な悪癖の影響

歯並びが乱れる原因は遺伝的要素が大半を占めています。しかし日常的な癖により、歯並びが乱れてしまうことがあります。

口呼吸

呼吸は本来鼻で行うものです。しかし口で呼吸を行うことで、様々な弊害が起きてしまいます。口呼吸を行うと、口をポカンと開いているために口の中が乾燥し、もともと常駐する細菌が増殖して虫歯や歯周病、口臭などの原因となります。また口呼吸を行う方は、鼻呼吸の方に比べて舌の位置が異なります。本来舌の位置は、上の前歯の歯ぐきに触れているべきです。ところが口呼吸を行うと、本来正しい位置にあるべき舌の位置が、下の歯の後ろ辺りにあることが多いために、だんだん歯が前へ出てしまうことから出っ歯になりやすくなります。

舌で歯を押す癖

つい無意識に舌で歯を押してしまう癖をお持ちの方もいるようです。歯は動かないようで、実は物理的な力で動く性質があるため、ずっと舌で歯を押していると少しずつ歯が前へ押されてしまい、歯が出てしまって歯並びや噛み合わせが乱れてしまいます。口呼吸の欄で述べたように、正しい位置に舌を持っていくよう、普段から意識しなければいけません。

横顔の輪郭を整えるためには歯列矯正が効果的

歯列矯正が適している理由について

横顔の美しさの基準であるEラインを乱す原因は、歯並びの悪さです。歯並びを整える歯列矯正を行うことで、綺麗な歯並びおよび口元に改善することができます。

ブラケットとワイヤーによる歯列矯正

抜歯を伴わず、矯正装置を付けることで歯並びを綺麗に整えることは可能です。しかし抜歯をしない矯正にこだわりすぎると、歯並びは整ってもEラインが乱れる可能性があります。特に顎の骨の成長が完成した成人後の歯並びの乱れは、しばしば抜歯を伴う場合があります。抜歯を行うことで歯がきちんと並ぶスペースを確保し、乱れた歯並びをブラケットとワイヤーで歯列および噛み合わせを整えます。

マウスピースによる歯列矯正

取り外し可能で、目立たずに矯正治療ができることで人気を集めているマウスピース矯正ですが、マウスピース矯正で行える症例には限りがあるため、ブラケット矯正のようにどんな症例にも対応できない場合があります。程度の軽い出っ歯や、抜歯の必要がなく、正しい噛み合わせを導くことができる症例などはマウスピース矯正が適しているでしょう。
このように、歯列矯正を行うことで歯並びを綺麗に整え、前へ出てしまっている口元を後ろに下げることが可能です。しかし大きく顎が前へ出ており、しゃくれたような受け口は歯列矯正だけでは改善が難しく、外科手術を伴う治療が必要な場合もあります。レントゲン撮影をはじめとした検査で詳しく調べ、矯正治療で改善が可能かどうか判断する必要があるでしょう。

歯列を整えて、美しいEラインを目指す

口元の美しさは、顔全体の印象に大きく関わります。口元を整えるために歯列矯正を行うことは、綺麗な歯並びを手に入れるだけでなく、正しい噛み合わせや顔全体のバランスを整えることを目的としています。その結果、綺麗なEラインも手に入れることができることになります。いちど横顔をチェックし、Eラインが整っているかどうか確かめてみてはいかがでしょうか。

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

17.09.01
歯列矯正の治療中は歯のクリーニングが難しい!
矯正装置を装着していると、口には異物が常に入っている状態と同様で、食事後の食べかすなども残りやすくなるため、虫歯や歯周病のリスク …続きを読む

17.08.01
歯列矯正して憧れの「Eライン」をGET!
目が大きい。鼻が高い。顔が小さい。それぞれが、確かに美人の条件の1つになっているかもしれませんが、どこか一部分だけが秀でていても …続きを読む

17.07.01
歯並びが悪いと“顔のバランス”が悪くなるってホント?
歯並びが悪いと第一印象が悪いので、審美性をよくしたい!という人は、歯科矯正で歯並びを改善することができます。しかし、歯科矯正は歯 …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^