最新情報
糖分一杯のスポーツドリンク!マウスピース矯正の虫歯に要注意!

糖分一杯のスポーツドリンク!マウスピース矯正の虫歯に要注意!

今の時代の夏は虫歯になりやすい季節であると言われています。その理由は、夏になると熱中症対策としてスポーツドリンクをたくさん消費するためです。そのため虫歯予防をしやすいマウスピース矯正といえど、夏は虫歯になりやすいことに気をつけなくてはいけません。

そこで今回は、マウスピース矯正をしている方に対して夏の虫歯予防についてご紹介したいと思います。

今多くなっている熱中症とスポーツドリンクによる虫歯トラブル

熱中症とスポーツドリンクによる虫歯トラブル

近年では夏だけに限らず、気温が高い日は共通して熱中症のトラブルが多く出ています。熱中症は年齢を問わず誰もがなる可能性があり、現在は気温が高い日はテレビでも注意報が出されるほど大きく注意喚起が行われています。
そんな熱中症対策として非常に良いとされているのが、「水分・糖分・ミネラル」を同時に補給できるスポーツドリンクの摂取です。
水分とミネラル(塩分)は汗をかくことで失われていってしまいます。そして糖分は摂取するとすぐに体のエネルギーとなりやすい栄養です。それを同時に摂取することにより体が熱中症になりにくく、炎天下でも活発的に動くことができるため、スポーツドリンクは熱中症対策として非常に効果的なのです。

しかし、スポーツドリンクに含まれる「ブドウ糖」は虫歯になりやすい糖分です。スポーツドリンクをこまめに摂取していれば、当然ながら口のなかが常に糖分でいっぱいの状態になり、虫歯になりやすい温床ができてしまいます。

また夏は冷たく甘いスイーツがとても美味しく感じられる季節であるため、アイスクリームやカキ氷をはじめとしたデザートを食べることも多くなります。しかも冷たいスイーツはあまり甘さを感じにくくなってしまうため、砂糖を多く使用する傾向にあります。

そういったものを多く摂取する日々が続けば、夏が終わる頃には虫歯の治療をしなくてはいけない日々がはじまると言っても過言ではありません。

マウスピース矯正中に虫歯にならないようにするには?

マウスピース矯正中に虫歯にならないようにするには?

夏はマウスピース矯正をしている方たちにとっても虫歯のリスクが高まりやすい季節です。装置の取り外しができるとはいえ、基本的に装置は歯につけたままであり、唾液が歯に行き渡らなくなることで歯は虫歯になりやすい状態になってしまいます。

よってマウスピース矯正をしている方は、通常よりも念入りに虫歯対策をしなくてはいけません。そこで熱中症に気をつけながら行うマウスピース矯正の虫歯対策についてご紹介していきます。

麦茶やミネラルウォーターを飲む

熱中症の予防に効果のある飲み物は、スポーツドリンクや経口補水液だけではありません。昔から夏になるとよく麦茶が飲まれていたかと思いますが、その理由は、麦茶にはミネラルが含まれていたためです。
また近年よく見かけるようになったミネラルウォーターも、麦茶と同じ理由から熱中症対策には良いと思われます。麦茶のほかにもミネラルを含んでいるお茶類はあるため、お好みでいくつかのお茶を楽しみながら熱中症対策を行うのも良いかもしれません。
ただし、緑茶やウーロン茶などはカフェインを含んでいるため、利尿作用により逆に脱水を促してしまうことになるので注意しましょう。緑茶は体温を下げる効果があることから暑さ対策として飲むには最適ですが、先程の理由から水分補給としては不向きです。水分とミネラルを補給するためであれば、カフェインを含んでいないミネラルを含んだお茶か水を飲むようにしましょう。

スポーツドリンクを飲んだ後に口をゆすぐ

最近では、スポーツドリンクのようにしっかり味付けがされてある飲み物でなくては受け付けないという人も増えています。そんな方の場合は、スポーツドリンクを飲んだ後に水かお茶で口をゆすぐようにしましょう。
つまりスポーツドリンクを飲むことにより虫歯が増殖するのではなく、スポーツドリンクを長く口のなかに入れていたり、頻繁に飲むことが虫歯のリスクを高めるのです。よってスポーツドリンクを飲んだ後に口のなかをゆすいで糖分を残さないようにすれば、それだけで虫歯予防になるというわけです。
これはスポーツドリンクだけでなく、食事をしたあとにも効果的な虫歯予防です。

念入りに虫歯予防を行う

夏はスポーツドリンクや冷たいスイーツなどを多く摂取するだけでなく、暑さの影響で口のなかの唾液も減少する傾向にあります。そのためどうしても虫歯のリスクは高くなりやすく、普段の虫歯対策だけでは虫歯になってしまうことも考えられます。
そこで、いつもよりも念入りに虫歯対策を行いましょう。まず有効的なのは、歯磨きをしたあとにフッ化物洗口を行うことです。フッ化物洗口とはフッ素を含んだ洗口液のことで、就寝前に行うことで虫歯予防に効果的です。
フッ素を含んだ歯磨き粉やフッ化物のペーストを歯の表面に塗布する方法もあります。これは洗口液と異なり、30分ほど歯に塗布をしたまま待たなくてはいけません。
このように、虫歯に侵されやすくなっている歯のケアを一日の最後に必ず念入りに行えば、虫歯にならずに夏を越えられることでしょう。

マウスピース矯正の利点をフル活用しましょう

マウスピース矯正は、虫歯になった歯の治療を行うと、歯の形が変わってしまい、装置が入らなくなってしまうことがあります。それにより装置を作り直すことになると、治療が遅れてしまったり、さらに治療経費がかかってしまったりして、良いことはありません。

通常の矯正治療と異なり、マウスピース矯正は装置の取り外しができます。それをしっかり活用し、虫歯にならないようしっかりとした対策を行いましょう。

スマイルコンセプト お問い合わせ

^