最新情報
マウスピース矯正をする歯科医院選びは注意が必要!見た目以上に大切な噛み合わせの機能

マウスピース矯正をする歯科医院選びは注意が必要!見た目以上に大切な噛み合わせの機能

目立たない歯列矯正として、最近マウスピース矯正が人気を集めています。しかしマウスピース矯正で失敗するケースやトラブルたびたび報告されています。マウスピース矯正を考える場合、失敗しないためには歯科医院の選び方に注意が必要です。

歯列矯正の真の目的は、噛み合わせの機能を整えること

歯列矯正の真の目的は、噛み合わせの機能を整えること

歯並びにコンプレックスを感じるのは、何よりも見た目が気になるからでしょう。確かに美しい歯並びは清潔感に溢れ、自然と笑顔に自信を持つことができます。そして美しい歯並びを手に入れるためには矯正治療を行うことが最も一般的であり、効果も期待できます。しかし歯列矯正の本当の目的は見た目だけではなく「噛み合わせの機能を整えること」なのです。

多少歯並びが悪くても、噛み合わせが正しければ歯列矯正を行う必要はないとも言われています。逆に歯並びが綺麗に整っていても、噛み合わせに異常がある場合、口が持つ本来の機能が損なわれてしまいます。このように、歯列矯正の本当の目的および必要性は、噛み合わせの機能を整えることに尽きるのです。

安易に歯科医院を選ぶことで起きる歯列矯正の失敗

しかし、せっかく歯列矯正を行っても、噛み合わせが整っていなければそれは「失敗」となてしまいます。見た目だけでなく、全体の噛み合わせが正しく整ってこそ矯正治療の成功と言えるのです。インターネットの広告で「安い」「短期間で劇的に美しくなる」などといったキャッチフレーズを信じて安易に歯科医院を選ぶことで大きく後悔をするかもしれません。そうなると歯並びが整わないだけでなく、口の中の機能そのものが本来の役割を果たすことができません。これは非常に深刻な問題なのです。あとあと大変なことになってしまわないためにも、歯列矯正を考える際には十分注意する必要があります。

マウスピース矯正により生じるリスクとは

歯列矯正の方法は、ブラケットとワイヤーによる矯正方法の他、見えない矯正で最近人気が高いマウスピース矯正があります。しかしこのマウスピース矯正による矯正失敗やトラブルが歯科医院にもよりますが結構報告されています。ではマウスピース矯正を行う場合、どのようなリスクが生じる可能性があるのでしょうか。

噛み合わせがズレて、不正咬合になる

マウスピース矯正は、食事時以外ずっと装着して過ごします。そして歯の動きに応じてマウスピースを作り替え、歯並びを整えていきます。これには事前の歯の動きの予測と噛み合わせを考えながら、慎重に行っていかなければいけません。ところが歯科医師の腕が未熟であったり、マウスピース矯正に対する実績が少なく、歯の動きの予測などが甘く不十分な場合、極めて深刻な結果が出てしまいます。それが噛み合わせのズレや、奥歯の咬合面に隙間ができる「不正咬合」です。
歯並びを整えるはずの矯正治療が、見た目だけ整って、最も大切な奥歯の噛み合わせの異常を引き起こした失敗例の典型とも言えます。見た目だけを治し、噛み合わせの機能を全く考えない結果、無駄なお金と時間を費やしてしまった例と言えるでしょう。

顎の位置が変わってしまう

マウスピースは歯列矯正の他にも、顎関節症の治療として行われることがあります。しかし顎の動きを無視したマウスピースを装着することにより、顎の関節に負担がかかり痛みが出る、顎関節の症状が悪化するなどのトラブルが起きてしまいます。

マウスピースを装着して過ごすことで、これまでとは異なった顎の動きをします。もし間違った位置に顎がくるように作られたマウスピースを長期間装着することで、当然顎の位置がズレておかしくなってしまいます。顎の関節に負担がかかり、正しい噛み合わせを導くはずが、反対に悪化させてしまうなど、取り返しがつかない事態が起きる可能性があります。

矯正治療の成功は、まずは良い歯科医院選びから

歯列矯正で最も大切なことは、良い歯科医院を選ぶことから始まります。安い・お手軽・短期間などといった謳い文句だけで、歯の機能を全く考えない治療を行うと取り返しがつかなくなります。

虫歯は悪くなった歯を治せば済みますが、矯正治療は噛み合わせがズレてしまうと、口腔内全体の機能がおかしくなるだけでなく、不正咬合により健康への影響も出てきます。特にマウスピース矯正では改善できず、本来ならブラケット矯正を行うべき症例に対し、マウスピース矯正で「治る」と断言する歯科医院は注意が必要です。マウスピース矯正で改善できる症例には限りがあり、全ての症例に対応できるわけではありません。先に挙げたように、見た目だけではなく正しい噛み合わせの機能を導くことが、歯列矯正の本来の目的です。不信感や違和感を覚えたら、速やかにセカンドオピニオンを求めることも必要でしょう。

マウスピース矯正は目立たず、取り外しが可能なことから口腔内の衛生を保ちやすく、正しく歯列と噛み合わせが整えることができる優れた治療法です。マウスピース矯正を考える場合、対応できる症例かどうかを見極め、見た目と同時に噛み合わせの機能という、口腔内の機能をきちんと考えた治療を行う歯科医院を選ぶことが重要です。また歯並び及び噛み合わせを整えることは、歯と歯ぐきの健康にもとても大切なことです。これは同時に、いつまでもご自身の歯を健康に保つこと、そして体の健康を守ることにも繋がります。当院ではマウスピース矯正の治療実績も多く、最新の矯正歯科医療法として動画で細かく解説内容が確認できます。サイト上からでもわからない疑問点などもお気軽にご質問、ご相談くださいませ。

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

17.11.01
健康な唾液量とは?唾液量を増やすための対策
1日の唾液量はどのくらい出るのか知っていますか?答えは1L~1.5Lです。そんな出ているの!?と思う人もいるでしょう。唾液は身体 …続きを読む

17.10.01
歯医者で使用する器具を「滅菌」しないとどうなる?
2014年に歯科業界に大きな打撃を与えた記事を知っていますか? 読売新聞が報じた「歯を削る機器 7割使い回し」というタイトルの記 …続きを読む

17.09.01
歯列矯正の治療中は歯のクリーニングが難しい!
矯正装置を装着していると、口には異物が常に入っている状態と同様で、食事後の食べかすなども残りやすくなるため、虫歯や歯周病のリスク …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^