最新情報
歯科矯正時に作り直し?銀歯があった場合の治療の流れ

歯科矯正時に作り直し?銀歯があった場合の治療の流れ

矯正治療が修了した後に、歯科医師からすべての銀歯を作り直さなければいけない、と言われて驚いたという人がいるようです。

すでに銀歯が入っている場合、矯正した後にはどうしてかぶせ物を作り直すべきなのでしょうか。またどんな工程で作り直せるのでしょうか。

矯正後に銀歯の作り直しをする理由

矯正治療は歯を動かして位置を変えていく治療なので、歯の位置が少しでも変化するとそれまで入れていた銀歯や詰め物が合わなくなることがよくあります。
矯正では歯を何ミリという大きな単位で動かしていかなければいけないので、口の中ではかなり大掛かりな治療です。
通常、歯の治療をする時はミクロンなどの非常に細かい範囲内で微調整しています。銀歯を被せる時や歯を削る時などは、特に繊細に治療していかなければなりません。
噛んだ時の高さに限らず、隣の歯との接触の度合いやかぶせ物と歯ぐきとの重なり具合なども考慮して銀歯を作り上げていきます。口の中での1ミリはとても大きいので、もし銀歯に1ミリも誤差があるとそれはあってはならないほどの大きな誤差で、新しく作り変えなければいけないかもしれません。

しかし矯正治療に至っては1ミリどころか、症例によっては4ミリ、5ミリ、もしくはそれ以上の大きな歯の移動が必要です。矯正治療は、口の中にしてみたらとても大掛かりな作業をするのと同じなので、それまで使用していた銀歯が合わなくなることも当然考えられます。
歯科医師にとっても、矯正治療後に銀歯を作り直す、もしくは再調整するというのは想定の範囲内でしょう。むしろ矯正治療をした後でも、差し歯や銀歯などの調整を一切しなくて済むほうが珍しいかもしれません。

全ての歯に銀歯を入れるのではない

全ての歯に銀歯を入れるのではない

矯正後に銀歯の作り直しをするのは、決して今まで何もなかった歯にも新しく銀歯を入れなければいけないという訳ではありません。
天然歯、つまり自分のもともとの歯であれば、矯正終了後も銀歯を入れる必要はなく、引き続き自分の歯で生活できます。
なぜなら天然歯はもともとの形、噛み合わせる面の凹凸などが口の中全体にうまく調和するようにできているので、天然歯がどれだけ移動しようと自然に噛み合えるからです。
同じく歯を動かして歯並びを良くすることなのですが、天然歯と人口の銀歯や差し歯は大きな差があるのです。

銀歯があった時の矯正治療の流れ

矯正前かまたは後かで、銀歯などのかぶせ物を作る工程そのものには大きな違いはありません。
歯を削って、形をとって、出来上がったものを最後に歯に入れます。作り直す上で重要なのはいつ作り直すかです。
矯正治療によって歯が動いて噛み合わせも変化していくので、基本的に銀歯を作り直すのは矯正治療が終了した後です。
なぜならばせっかく作った物もまたすぐ合わなくなってしまいます。もし現在矯正治療と同時に歯の治療中であって、これから銀歯や詰め物を入れていく予定の場合は担当の歯科医師に矯正治療も受けていることをあらかじめ伝えておきましょう。
矯正の治療計画も考慮して、矯正終了後の新しい噛み合わせに合わせて銀歯を入れられるように計画を立ててもらえるかもしれません。
矯正治療はいったん始めると数か月、一年以上など長期間にわたって継続的に行わなければならない治療です。
歯科医師がその間のむし歯の治療などをどうしていくのか、矯正歯科医との連携が必要になってくるので、始める前に医師たちの間でよく意思疎通をしておく必要があります。
また矯正治療中は歯が動いている途中なので、その間に銀歯の高さが合わなくなることもあります。しかしその都度、いちいち銀歯を作り直していくことも必要ありません。
一時的に歯が上下噛み合わなくなったり、ずれたりすることがありますが、最終的に歯が移動して位置が固定してから新しくかぶせ物を作り直すべきなのです。

金属アレルギーと銀歯の作り直し

金属アレルギーは、金属が体に触れることによって引き起こされます。口の中に入っている銀歯も、金属アレルギーの原因になり得ます。
銀歯や詰め物から少しずつ口の中に金属が溶け出て、体内に蓄積されていって金属アレルギーの症状が現れるのです。
もちろん口の中に入れる銀歯の金属は体に安全な材料で作っているのですが、保険で作る銀歯の材料などは数年たつと錆びやすく、金属イオンが出やすくなります。
錆びた金属は早めに取り除くべきです。もし金属アレルギーの人、もしくは疑いがある人で矯正治療をする予定なら、矯正終了後に銀歯を取って、非金属系の材料で新しく銀歯や差し歯を作ることをお勧めします。
どちらにしても矯正治療の後の新しい噛み合わせに合わせてまたかぶせ物を作り直す必要があるなら、セラミックなどの材料で作れるか歯科医師に相談してみてください。

まとめ

矯正によって銀歯を作り直すことになるとは思ってもみなかった、と言う人もいるかもしれません。
もちろん残せる銀歯は残したいのは歯科医師も一緒なのですが、口の中全体の健康を促進するためにはかぶせ物の作り直しが必要であると判断することが多いのも事実です。矯正と銀歯の作り直しの関係について前もって理解を持っておくようにしましょう。

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

17.11.01
健康な唾液量とは?唾液量を増やすための対策
1日の唾液量はどのくらい出るのか知っていますか?答えは1L~1.5Lです。そんな出ているの!?と思う人もいるでしょう。唾液は身体 …続きを読む

17.10.01
歯医者で使用する器具を「滅菌」しないとどうなる?
2014年に歯科業界に大きな打撃を与えた記事を知っていますか? 読売新聞が報じた「歯を削る機器 7割使い回し」というタイトルの記 …続きを読む

17.09.01
歯列矯正の治療中は歯のクリーニングが難しい!
矯正装置を装着していると、口には異物が常に入っている状態と同様で、食事後の食べかすなども残りやすくなるため、虫歯や歯周病のリスク …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^