最新情報
矯正中に受けたいブラッシング指導について

矯正中に受けたいブラッシング指導

歯を磨いてもすぐに虫歯になる患者様や、歯列矯正を行っている患者様は口腔内の虫歯リスクが高くなっています。特に歯列矯正中に虫歯になると、余分な時間がかかります。今回は虫歯予防のための正しいブラッシング指導を受けることで得るメリットをご紹介します。

できていると思っていても、実際はできていないことが多いブラッシング

実際はできていないことが多いブラッシング

矯正を行っているいないに関わらず、歯を健康に保つ基本中の基本は、やはり日常のブラッシングです。正しくブラッシングが行えてこそ、虫歯や歯周病などを防ぎ、健康な歯を維持することができることは誰もが知っていることです。
しかし、ブラッシングを「行っていること」と、ブラッシングが実際に「出来ていること」では意味合いが異なってきます。一生懸命ブラッシングを行っているのに、すぐ虫歯や歯周病になってしまう方はブラッシングの仕方に問題があるのかもしれません。虫歯や歯周病の原因は、磨き残しによるプラークが作られることです。正しいブラッシングが行われると、磨き残しがなくなることでプラークが作られにくくなり、虫歯などのリスクを減らすことが可能です。しかし自己流でブラッシングを行っていると、歯の表面の汚れは落とせても、歯と歯ぐきの境目や歯の裏側など、磨けていない部分が出てきます。まずは正しいブラッシングを行うことが口腔内を健やかな状態に保つ基本です。そのためには、歯科医院で受けるブラッシング指導が最も有効手段と言えます。

なぜブラッシング指導が必要、有効なのか

なぜブラッシング指導が必要、有効なのか

いくら時間をかけてブラッシングを一生懸命行っても、食べかすやプラークが落とせていなければ意味がありません。歯科医院でのブラッシング指導は、正しいブラッシングを行うことで歯や口腔内の状態を衛生的に保ち、予防効果を発揮します。そして歯の生え方なども個々で異なり、自分の歯並びにあった磨き方や適した歯ブラシなども的確に指導してもらえます。またデンタルフロスや歯間ブラシ、ワンタフトなど、細かい部分の汚れを落とすために便利なケアグッズや使い方も提案してもらえます。これまで自己流で歯みがきを行っていた方は歯ブラシしか使う習慣がなく、見える範囲だけ磨いていただけだったことに気付くでしょう。これを機に、正しいブラッシングを習得し、口腔内の予防意識を啓発して高めるという大きなメリットも得ることができるのです。

患者様の中には、「歯みがき指導をしてもらって、こんな手首の使い方をして磨くんだと初めて知った」という声も聞かれます。正しいブラッシングにより汚れがきちんと落とせていると、口腔内の様子はそれまでと全く異なり、歯がきちんと磨けていることが実感できると思います。それほど自己流での磨き方と、ブラッシング指導による正しい磨き方では大きな違いがあるということです。

矯正治療中は特に虫歯リスクが高くなりがち

特に歯列矯正を行っている患者様は虫歯になるリスクが高いため、正しいブラッシングが不可欠です。
矯正治療中に虫歯になりやすい原因として、矯正装置をつけている部分に細かい食べかすが付着しやすいことがあげられます。また子どもの歯列矯正の場合、永久歯が大人ほど強くないためきちんと歯が磨けていないと虫歯のリスクがさらに高くなります。ブラケットやワイヤー、ゴムバンドの影に隠れたように挟まっている小さな食べかすは、案外取りにくいものです。ここに糖分を含んだ食べかすが落としきれないため、やがて虫歯へと進行してしまう可能性が高いのです。またワイヤーの影響で、歯と歯の間にも汚れが残りがちです。虫歯は特に歯と歯の間から広がりやすいため、正しくブラッシングが行われないと汚れが溜まる一方です。せっかく矯正を行っても虫歯になってしまっては本末転倒です。特に学童期の子どもの場合、丁寧な歯磨きはあまり望めないかもしれません。大人の歯列矯正は意識がきちんと歯に向いていますが、子どもはそこまで意識が向けられていないと考えられるため、歯科医院での正しいブラッシング指導が必要になります。ブラケットの間に溜まった汚れなどは保護者が丁寧に取り除いてあげて、歯全体のブラッシングは、指導を受けた方法でなるべく自分で行うことで自主性も高まり、歯を大切にしようという予防意識が芽生えるメリットが得られるのではないでしょうか。

正しいブラッシングで、いつまでも歯を健やかに保つ

このように、虫歯や歯周病から歯を守るための予防の基本は、正しいブラッシングであることがご理解いただけたと思います。特に矯正治療中におけるブラッシングは虫歯リスクから歯を守り、綺麗な歯列を作り上げるために欠かせないものです。もし正しいブラッシングが行えているかどうかわからない場合は、定期検診の時などに歯科衛生士に尋ねてみてください。正しい歯ブラシの握り方やコツ、オススメの歯ブラシなど、良い情報を得る絶好のチャンスです。これまでブラッシングを行っているにも関わらず虫歯がすぐできてしまっていた方、矯正治療を行っている方はブラッシングの仕方を見直すためにも、歯科医院で正しい指導を受けてみてはいかがでしょうか。

スマイルコンセプト お問い合わせ

^