最新情報
歯並びの悪さは遺伝が原因?そう言われる理由とは

歯並びの悪さは遺伝が原因?そう言われる理由とは

親の歯並びが悪い場合、子どもにも遺伝するのではないかと不安に思う保護者の方は多いかもしれません。遺伝が原因ならば、将来の矯正治療は避けて通れないと覚悟するほかないでしょう。しかし、本当に遺伝だけの問題なのでしょうか。そう言われる理由は、どこからくるのでしょうか。また、例え遺伝の関与だとしても、どこまで影響を及ぼすのでしょうか。歯並びと遺伝について考えていきましょう。

歯並びが遺伝と考えられる理由

歯並びが遺伝と考えられる理由

遺伝の影響を受けていると言われる容姿、ほかにも才能や運動神経など、親に似ている、似ていないと表現されることもありますが、これら全てを遺伝と結びつけてしまうのには無理があります。ただ、人間の心理として、遺伝で片付けてしまった方が説明つくような状況もあるかもしれません。本来は、遺伝が関与するものと、関連していると勘違いされているものがあるようです。例えば、スポーツの苦手な親に育てられた子どもは、親に似て運動神経が鈍いと思われがちですが、これは遺伝よりも環境に由来していることが多いと言われています。

では、骨格はどうでしょうか。これは、遺伝の要素が大きいと言われています。このことから、顎の形や歯のサイズなども影響を受けていると考えられ、歯並びの悪さは遺伝が主な原因と思われる理由なのかもしれません。特に、両親のどちらかが受け口(反対咬合)の場合、子どもに遺伝する確率は高くなると言われています。これは、下顎が上顎と比較して過剰な成長によりバランスを崩すことが原因で起こります。また、上顎の発達が不十分で起こるケースもあり、顎の成長と歯のバランスが歯並びの良し悪しを決定づけていると言えるでしょう。このように、遺伝的要素が強いようですから、幼児期から噛み合わせや顎の成長バランスには配慮が必要になります。

やはり歯並びの悪さは、遺伝が主な原因なのでしょうか。実は、歯並びには「生活習慣」が大きく影響していると言われています。実際、臨床で患者様の治療にあたっている歯科医師の間では、遺伝的要素は3割程度で、残りは日常生活での癖や、食生活が影響していると感じていることもあるようです。環境的要素が関わっているケースならば、生活習慣の見直しで歯並びの悪さを最小限に抑えられるかもしれません。遺伝と環境における歯並びの問題を理解したうえで矯正治療に臨むことが、成功へのカギとして大切な知識かもしれません。ときに、遺伝よりも注意しなければならない、歯並びに悪影響を及ぼしかねない生活習慣での問題行動について考えていきましょう。

歯並びの悪さは遺伝だけではない!

先に述べたように、骨格は遺伝による影響が強いと言われているため、子どもの顎の発達は親と同じような経過を辿ることもあるようです。しかし、たとえ問題があっても、親が子どもの口腔環境に関心を持ち、生活環境を整えてあげることで歯並びの悪さを最小限に防ぐこともできるかもしれません。親の意識により、子どもの将来の歯並びは左右されると言っても過言ではありません。矯正を始める時期の見極めや治療方針についても、信頼できる歯科医師とともに適切な判断がくだせるようになるのではないでしょうか。まずは、生活習慣を見直すことが大切です。

歯並びの悪さと生活習慣の関係

子どもが幼いうちは、親の義務として生活習慣を管理することがポイントです。遺伝は避けられないかもしれませんが、後天的な問題は、保護者様の取り組み方に左右されますので、歯並びに悪影響とされる生活習慣は、早い時期の徹底した改善が望ましいでしょう。

正しい歯磨きで虫歯を予防する

正しい歯磨きで虫歯を予防

歯磨きは、乳歯が生え始めた頃から真剣に取り組むことが大切です。乳歯列期から歯磨きに慣れ、虫歯予防を徹底することが永久歯の歯並びに影響します。虫歯ができてしまった場合は放置せず、必ず適切な治療を受けましょう。

指しゃぶりを止める

指しゃぶりを止める

2歳頃までの指しゃぶりは、精神安定剤のような役割があると言い、無理に止めさせる必要はないとされています。しかし、3歳を過ぎた辺りから、子どもの興味を少しずつ違う方向へ誘導してあげることが親の大事な役目になるでしょう。5歳を過ぎても吸っている場合は、出っ歯や開咬のリスクが高まると言われていますので、止められない場合は、歯科医師に相談しましょう。

口呼吸と舌癖の改善

口呼吸と舌癖の改善

口呼吸と舌は深い関係があると言われています。口を開けたまま呼吸をすることで舌の位置が低くなったり、舌で前歯を押し出したりすることで開口や受け口、出っ歯のような不正咬合を招く恐れがあります。正しい舌の位置は、上顎の前歯の裏側にある「スポット」と呼ばれる歯肉の盛り上がった部位に舌先が触れている状態がベストだと言われています。正しい位置にあることで、舌が上顎を広げ、歯のスペースを確保する役割を担っているのです。

左右バランスよく咀嚼する

左右バランスよく咀嚼

どちらか一方で咀嚼する癖をつけてしまうと、骨格に悪影響を及ぼし、歯並びに問題が生じることがあります。遺伝により、上顎の発育が不十分なケースもありますが、奥歯でバランスよく噛むことで、上顎が広がることも期待されています。また、筋肉の発達に差が出る可能性も否めませんので、早めに改善しましょう。

正しい姿勢を保つ

正しい姿勢を保つ

頬杖は、骨格の歪みに?がる恐れがありますので、正しい姿勢を保つことが大切です。また、うつぶせ寝や横向きで寝ることも骨格に影響し、歯並びの悪さを引き起こす可能性がありますので注意が必要です。

正しい姿勢を保つ

正しい姿勢を保つ

現代の食生活では、柔らかい食べ物が増え、咀嚼回数が少ないことで顎の発達にも影響を及ぼしていると懸念されています。よく噛む習慣が大切だと言われる理由は、顎の成長を促し、歯がはえるスペースを確保することが期待されているからです。さらに、唾液の分泌量も増え、虫歯や歯周疾患、口臭の予防にも繫がると言われていますので、栄養面とともに咀嚼を意識したバランスのよい食事を心がけるとよいでしょう。

子どもの歯並びは親の責任か

親自身が歯並びにコンプレックスを抱え、歯科矯正を経験した方にとっては、子どもに与える遺伝の影響を不安に思うことも少なくないでしょう。しかし、歯並びの悪さは決して遺伝だけの問題ではありません。遺伝以上に、子どもの生活習慣に目を向け、正しく導くことが親の役目ではないでしょうか。そう言った意味では、子どもの歯並びは、保護者の考え方により大きく左右される問題であり、良し悪しは親の責任と言えるかもしれません。

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

17.11.01
健康な唾液量とは?唾液量を増やすための対策
1日の唾液量はどのくらい出るのか知っていますか?答えは1L~1.5Lです。そんな出ているの!?と思う人もいるでしょう。唾液は身体 …続きを読む

17.10.01
歯医者で使用する器具を「滅菌」しないとどうなる?
2014年に歯科業界に大きな打撃を与えた記事を知っていますか? 読売新聞が報じた「歯を削る機器 7割使い回し」というタイトルの記 …続きを読む

17.09.01
歯列矯正の治療中は歯のクリーニングが難しい!
矯正装置を装着していると、口には異物が常に入っている状態と同様で、食事後の食べかすなども残りやすくなるため、虫歯や歯周病のリスク …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^