最新情報
しっかりした矯正治療に欠かせないセファロ検査とは?

しっかりした矯正治療に欠かせないセファロ検査とは?

人の歯並びや噛み合わせには人によってそれぞれの個性があります。また、それが「正常」と呼ばれるものがあれば「不正」と呼ばれるものもあります。その人の歯並びや噛み合わせが「正常」か「不正」かの判断は、矯正歯科医の目によって判断されることになります。

しかし矯正歯科医は、どういった情報をもとにその人の歯並びや噛み合わせの特徴を捉えているのか、みなさんは考えたことがありますか。矯正歯科医が矯正治療をする前に必ず行う検査とされているのが『セファロ検査』というものです。この検査を行うことで矯正歯科医は患者の状態を詳しく分析し、それをもとに正確な矯正治療を行っているとされています。
今回はこの『セファロ』について詳しくご紹介したいと思います。

矯正におけるレントゲンの重要性

矯正におけるレントゲンの重要性

『セファロ』について詳しくご紹介する前に、まず矯正におけるレントゲン撮影の重要性についてご説明させていただきます。まず矯正を問わず、歯の治療においてレントゲン撮影はとても重要なものです。口のなかの状態は表面から見ただけではわからないことが多く、X線により初めて目には見えない歯の状態や骨の状態を把握することができるようになります。

矯正の場合、レントゲンにより分析しなくてはいけないポイントは顎の骨の状態と歯の並び方です。その理由は、不正な歯並びや噛み合わせを正しく矯正するためには正確な原因の把握が必要だからです。

たとえば不正な歯並びのひとつとしてよく知られている「出っ歯」(上顎前突)。これは上の前歯が前方に突き出ているように見える状態を指しますが、「出っ歯」に見える原因はひとつではなく、限定することができません。

まず「出っ歯」に見えてしまう原因は、「上顎の骨が前方に突き出ているため」あるいは「歯が前方に傾いているため」であることはもちろんのことです。しかしこのほかに、「下顎の骨が後ろに下がっているため」あるいは「下の前歯が舌側に傾いているため」であることも「出っ歯」の原因となることがあります。
「出っ歯」になっている原因は必ずしも上顎や上の前歯にあるとは限らず、下顎や下の前歯にも原因があるかもしれないと矯正歯科医は考えます。そういったことから、「出っ歯」の原因を特定するためにもレントゲン撮影はとても重要なものになるのです。

セファロとは?

『セファロ』の正式名は『セファログラム』といい、また『頭部X線規格写真』とも呼びます。つまり『セファロ』とはレントゲンの一種なのです。この『セファロ』は通常の一般歯科で使われているレントゲンと異なり、口のなかだけでなく顎を中心とした顔全体のレントゲンを撮ることができます。

しかし、矯正とは不正な歯並びや噛み合わせを正常な状態に改善していくことが目的。では『セファロ』により口のなかだけでなく顔のレントゲン撮影まで行うのはいったいなぜなのでしょうか。

レジンで埋めるダイレクトボンディング

矯正の歯科医師が患者の歯の状態を分析するために診察するポイントは、「口のなか」「顔の状態」「歯のレントゲン」などです。また歯の型取りを行い、それにより模型を作ることで口のなかの見えない部分も把握します。そういったすべての情報をひとつの画像にまとめたものが『セファロ』です。よって矯正をする上で顔全体のレントゲン撮影もすることはとても意義のあることなのです。

しかし、矯正をするためには何故「顔の状態」まで診る必要があるのでしょうか。それは、歯並びや噛み合わせの状態は「顔」にも大きく影響しているからです。すなわち矯正をすることにより顔にも変化があらわれるため、その変化もしっかり観察するために『セファロ』は非常に重要なものになってくるのです。

ちなみに顔の変化を観察する際は、正面から見てもその変化はあまりわからないものです。よって『セファロ』では顔を横向きにして撮影を行います。この撮影方法によるレントゲンを『ラテラレセファロ』もしくは『側方頭部X線規格写真』といいます。さらに矯正歯科ではこの『セファロ』で撮影した歯や顎、顔などの変化を把握しやすくするために『計測点』というものを用います。

『計測点』とは矯正歯科医が「頭部」を含めた「顔」という全体的な見方から歯や顎の位置の分析をするために使われるものです。この『計測点』により不正な噛み合わせや歯並びを診断するだけでなく、子供の顎骨の成長の評価をすることもできます。これにより従来の正しい顎骨の位置や歯の並びを理解することができ、また患者の『セファロ』によるレントゲン画像から顎骨の状態や歯の並びなどの診断ができるのです。

『セファロ』を用いたレントゲン撮影と『計測点』による顎骨および歯の診断と評価は世界共通のものとなっています。よって日本を問わず全世界で行われている精密かつ正確な矯正治療は、この『セファロ』と『計測点』が用いられているといっても過言ではないのです。

歯科医院選びの基準

矯正治療をする上でとても大切なものは、多くの情報です。「歯や顔の写真」「歯の模型」「レントゲン」といった矯正を進める上で変化が見られる部分の情報と、さらに顎の骨の状態や歯並びを形態的に評価するための『セファロ』。

これらがそろった上で正確でスムーズな治療を受けることができるのです。そのため『セファロ』によるレントゲン撮影を行っていない、また写真撮影、模型の採取など、どれかひとつでも欠いている矯正歯科での治療には注意が必要かもしれません。
ぜひ質の高い矯正治療を受けるための参考にしてみて下さい。

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

18.01.01
第一印象は笑顔で決まる!歯並びが気になる人は矯正してみては?
初めての人に会うときや面接のときなど、自分の歯並びに自信がなくて思うように話しができない…ということを経験したことはありませんか …続きを読む

17.12.01
小さいうちから注意が必要!出っ歯になる恐れがある子供の癖って?
お子さんが、いつまでもおしゃぶりをくわえていたり、指しゃぶりの癖があると歯並びが悪くなってしまうのでは?と心配になってしまうかも …続きを読む

17.11.01
健康な唾液量とは?唾液量を増やすための対策
1日の唾液量はどのくらい出るのか知っていますか?答えは1L~1.5Lです。そんな出ているの!?と思う人もいるでしょう。唾液は身体 …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^