最新情報
矯正装置を付けている間の歯磨き方法と歯ブラシの選び方

矯正装置を付けている間の歯磨き方法と歯ブラシの選び方

歯列矯正を始めるきっかけは人それぞれ違うと思いますが、やはり大きな理由として、「見た目の問題」や「虫歯の心配」から、治療を決意する人が多いのではないでしょうか? 
しかし、歯の健康を考えて行ったにも関わらず、その治療中に、虫歯などのトラブルを抱える患者様も少なくありません。複雑な矯正装置を取り付けたら、まず始めに「歯ブラシの選択」と「磨き方」を改めなければなりません。なぜなら、今までのような歯ブラシで、同じように磨いていては、歯垢を除去することは困難だからです。では、どのように磨けばよいのでしょうか?また、その適した歯ブラシとはどんなものなのでしょうか?ここで、わかりやすくご説明してまいります。

矯正中のブラッシングでの問題点

歯並びを改善させるために、ブラケットと呼ばれる装置を歯の表面に取り付けます。そこにワイヤーを通し、少しずつ歯を移動させるのが、代表的な矯正治療の1つです。24時間装着されていますから、特にブラケットの周りには歯垢が付きやすく、磨き残しが目立ちます。これが、虫歯や口臭の原因につながるわけです。今まで磨きやすかった歯の表面でさえ、ワイヤーの影響により毛先が正確に当たらなくなりますし、歯間に押し込むことにもコツがいりますから、その部位に見合ったブラシを選択する必要があります。

適した歯ブラシの形とは
ブラケット周辺や歯と歯ぐきの境目には、幅の狭い歯ブラシを

矯正用の歯ブラシに、毛先が山型と谷型になったものがありますが、ただでさえ大変な歯磨きを、わざわざ種類を増やして負担をかける必要があるのでしょうか?早い話、毛先の当て方をマスターすれば問題ないわけです。そこで提案するのが、毛束が2列になった細めの歯ブラシになります。

ワイヤー下などの複雑な部分には、ワンタフトブラシを

まるで筆のような、特徴的な形をしている歯ブラシです。固めの毛束は先が三角に尖っている為、気になる部分にも届きやすく、どこを磨くにも重宝します。

歯と歯の間には、矯正用デンタルフロスと歯間ブラシを

ワンタフトブラシと共に、間の汚れは歯間ブラシで丁寧に落としていきましょう。歯間ブラシが入るスペースのない場所には、矯正中でも使用可能なデンタルフロスが効果的です。ワイヤーの隙間から柄の付いたフロスを挿入し、ゆっくり歯と歯に滑らせていきますが、これはコツが必要になります。矯正治療中、最も心配なのが歯間の虫歯ですから、使用方法は必ず、歯科医院にて指導を受けることをおすすめします。

矯正中のブラッシング方法について
歯ブラシによるブラッシング法

まずは歯と歯ぐきの境目、次にブラケットの境目を上下に分けて、計3ヶ所磨きます。このように分類して磨くことで、磨き残しを防ぐことが出来ます。また、汚れを除去したい部分に、毛先を斜め45度に当てて小刻みに磨くようにしましょう。ブラッシングの順番を決めることも、磨き忘れ防止につながります。ブラシは、気持ち固めのものを選択するとよいですが、ゴシゴシ磨きは禁物です。歯ブラシは必ず、鉛筆を持つようにしましょう。握ってしまうと余計な力が加わり、歯に傷をつけてしまう恐れがあります。

ワンタフトによるブラッシング法

尖った毛先は、ワイヤーの下やブラケット周辺、歯間にも良くフィットします。歯ブラシと同様の持ち方で、汚れの気になる部位にブラシを優しく当て、円を描くようにブラッシングします。ブラケット周りは、境目をなぞるように掻き出すと良いでしょう。

フロスと歯間ブラシの使い方

フロスと歯間ブラシの使い方

歯間ブラシは、自分の歯のスペースに合うものを選びましょう。あまり抵抗を感じず、スムーズに入るものが好ましいです。無理に入れると、歯肉を傷つけてしまいますので注意が必要です。狭い歯間には、フロスが効果的です。矯正専用のフロスもありますが、今まで使用していたものでも可能です。例えば、下の歯にフロスを用いる場合、ワイヤーの上からフロスを通し、いつも通り前後に小さく動かしながら、上から下へと移動させていきます。困難な場合は、無理に行う必要はありません。
以上のように、3~4種類の清掃用具を正しく使い分けて磨くことが大切です。

まとめ

まとめ

矯正とは、歯科治療の中でも長期戦ですから、患者様にとっても負担の大きいものと言えます。装置を付けたときの、あのなんとも言えない鈍痛や違和感は、経験したことのない人には理解できないかもしれません。それでも不快に耐え、毎日の歯磨きに神経を費やし、食事制限にも我慢できるのは、その先にきれいな歯並びの自分を見ているからだと思います。そんな頑張っている人の為にも、矯正中の虫歯や歯周病へのリスクは、最小限に留めたいと思うのです。そのためにも、正しいブラッシング方法や歯ブラシの選び方は重要です。定期的に、歯科医師や歯科衛生士の指導を受け、自己流の磨き方にならぬよう、チェックを受けることは必要不可欠です。そして、晴れて矯正装置が外れた時に、理想の歯でありますように。今まで培ってきたブラッシング技術を基に、今後の歯の健康にも役立つことでしょう。

スマイルコンセプト お問い合わせ

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^