最新情報
内側にずれた歯の矯正も抜かない方法でできる?
歯を抜かずに歯列矯正できる方法も増加傾向に

歯を抜かずに歯列矯正できる方法も増加傾向に

歯列矯正をする際、スペース確保のために抜歯をすることがあります。しかし綺麗な歯並びを手に入れるためとはいえ、患者としては健康な歯を抜くことに抵抗がないと言ったら嘘になります。「なるべくなら歯を抜かずに矯正したい」と思いませんか?全てのケースとはいかないまでも、最近では歯を抜かずに歯列矯正できる方法も増えているようです。

抜歯の有無とスペース確保の方法
抜歯の決定要因とはどこ?
歯並びの悪い原因は「歯が並ぶためのスペースが足りない」ことにあります。以前は現在の顎の骨に歯を並べるために、抜歯してスペースを確保し矯正するケースが多くありました。しかし昨今、装置や技術の進歩によって抜歯せず矯正できる症例が増えつつあります。どんなケースは抜歯せずに矯正できるのでしょうか?
遠心移動するスペースがあるか
一番奥の歯を、今ある位置よりも奥へ移動させる事ができるかということがひとつのポイントです。もし可能であれば、抜歯せずに手前の歯を並べるスペースを生み出すことができます。
適度な側方拡大で並ぶ程度の歯並びであるか
V字型に狭い顎の骨に並びきれずにある歯並びの場合、内側に「拡大装置」とよばれる装置を用いて奥歯に全体的に側方からの力を加えます。そして歯並び全体を側方へ移動させ、歯列がU字に広がることでスペースが生まれます。
「ディスキング」によるスペースで並ぶかどうか
歯と歯の間の面を歯に影響がない程度、全体的に削ることで隙間を作ることを「ディスキング」といいます。少しのスペースがあれば並ぶ程度の場合に有効的。顎の骨を動かすような強制力を使う必要が無いため、後戻りをしにくい方法のひとつです。
内側からの拡大力と外側からの強制力の融合!
このように、抜かなくても歯列を歯が並ぶように拡大すれば、ある程度内側へずれた歯は外へ押し戻すことができます。その力も利用しながら、生まれたスペースへ従来のブラケットとワイヤーを用いた矯正力で並べていくことができるのです。
歯を抜かない矯正を行うために

歯を抜かない矯正を行うために

矯正技術の進化

従来は抜歯をして無理やりスペースを作り、ブラケットで引っ張り歯を並べる矯正。しかしこの方法でなくても、スペース確保の方法でどこまで出来るのか。そのような診断技術の向上や矯正装置の進化が、歯を抜かずに矯正できる症例を増やしています。

昨今のハイテク装置は「ソフトタッチ」な優しい装置

「矯正治療」といえば、生きた歯であってもスペース確保のために抜歯。また、強い強制力をかけて歯を引っ張るので痛みがあるというようなイメージを持たれることもあると思います。しかし本来「歯にかける力は1円玉の重さ程度の軽い力で十分」と言われています。最近の装置は歯にかける力も優しくする工夫がされているのです。

リンガルアーチを用いた歯列矯正のご紹介
「リンガルアーチ」とは?

歯の裏側に装着する装置で「舌側弧線装置(ぜっそくこせんそうち)」ともいいます。従来は歯科矯正する際、内側から歯列を押し広げることでスペースを生み出させるための装置です

どのように装着するの?

歯列に沿った形のワイヤーの両側側奥歯の位置にバンドがあり、通常第一大臼歯と呼ばれる歯に装着します(場合によって第二大臼歯、乳歯の場合には第二乳臼歯)。

リンガルアーチの作用とは?

リンガルアーチのワイヤーは、全ての歯に接点ができるように製作されます。そして歯の裏側から外側に向け力を加える作用もありますが、従来は前の歯が広がってこないようにするためのストッパーとしても作用します。最近ではこのリンガルアーチを応用した矯正装置も開発されています。

「リンガルアーチ」の工夫で内側にずれた歯を矯正する方法!
リンガルアーチは応用が効く

昨今、リンガルアーチを応用した装置がさまざまな症状にて活躍しています。リンガルアーチ本来の作用と併用し、極端に内側にずれている部分の歯を矯正する場合などの矯正をご紹介します。

矯正用ワイヤーの応用と組み合わせる

リンガルアーチを製作した時、たとえば内側にずれた歯の部分に接する部分に矯正用ワイヤーを接着。そして歯を前へ押すような装置を作成します。

矯正用ワイヤーの性質を利用する

矯正用ワイヤーは形状記憶ワイヤーで、本来の矯正では元の状態に戻ろうとする性質を利用し歯を引っ張って並べていきます。その性質を利用し、リンガルアーチでは歯列を広げながら、ピンポイントで動かしたい部分には矯正用ワイヤーで力が加わるような装置が完成します。

患者様の負担も軽減

この方法であれば見た目も目立たずに矯正できます。また、食べかすが引っかかったりする操作性の悪さも解消できます、装置が1つで済むことで、審美的にも操作的にも従来の方法より患者様の負担も軽減につながります。

まとめ

矯正の技術は日々進化しています。昔のように不快感や痛み、清掃しにくいなどの操作性の悪さもずいぶん軽減。ただし抜歯をせず歯列を広げての矯正は限度があり、無理に押し広げすぎるのもリスクがあります。矯正をお考えの際には、自身の歯並びが抜歯せずに矯正できるのかどうか、十分な精査と説明をよく受けたうえで納得して治療に取り組めるようにしましょう。

スマイルコンセプト お問い合わせ

^