最新情報

どの装置がいいの? 裏側矯正、マウスピース矯正も色々選べる時代!

「裏側矯正」も「マウスピース型矯正」も選べる時代に!

どのような矯正治療法にも、必ず「メリット」、「デメリット」があります。

あなたの歯並びや最終的な治療目標、生活習慣、年齢、職業などによって、どの装置があなたに適しているかどうかは、実は人それぞれ変化します。

適応症(あなたに一番適している治療法)は、人によって様々です。

 また、現在人気の「裏側矯正装置」も「マウスピース型矯正装置」も世界中で様々な装置が開発され臨床応用されています。

患者様の歯並びや治療目標、生活習慣、年齢、職業によって同じように見える裏側矯正装置、同じように見えるマウスピース型装置でも、あなたに向いている最適な装置・治療法と逆に避けたほうが得策な装置や治療法があるのです。

そのような理由の為、当院では、数種類の裏側装置とマウスピースを使い分け、何種類もの治療技術を取り入れています。

いわゆる適応症である場合には、治療効果が大きく、患者様の満足度も大きくなるでしょう!

しかしながら治療効果が甘い治療法も、治療技術に疑問がある普通のDrが矯正や審美補綴を行ってしまっている例も、巷では溢れています。やりなおしの治療をご希望され当院を訪れる患者様が後を絶ちません。

どんな治療、治療法でも、治療開始前が重要です。見当違いにならないように、治療診断を的確に受け、あなたに最適な治療法、矯正装置を選びましょう!

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

17.12.01
小さいうちから注意が必要!出っ歯になる恐れがある子供の癖って?
お子さんが、いつまでもおしゃぶりをくわえていたり、指しゃぶりの癖があると歯並びが悪くなってしまうのでは?と心配になってしまうかも …続きを読む

17.11.01
健康な唾液量とは?唾液量を増やすための対策
1日の唾液量はどのくらい出るのか知っていますか?答えは1L~1.5Lです。そんな出ているの!?と思う人もいるでしょう。唾液は身体 …続きを読む

17.10.01
歯医者で使用する器具を「滅菌」しないとどうなる?
2014年に歯科業界に大きな打撃を与えた記事を知っていますか? 読売新聞が報じた「歯を削る機器 7割使い回し」というタイトルの記 …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^