最新情報
全国のラーメンがまとめて楽しめる「新横浜ラーメン博物館」|ホワイトニング後に食べても良いラーメンは?
2018年04月10日 (火)

横浜市は、神奈川県に属している政令指定都市の一つです。人口も密集しており、多くの人が横浜市で生活をしています。
横浜市には、1箇所で日本各地のラーメンを楽しめる施設があるのをご存知でしょうか。今回は、日本各地のラーメンが食べられる新横浜ラーメン博物館についてご紹介します。また、ホワイトニング後に気をつけたい食べ物についても解説しますので、参考にしてみてください。

新横浜ラーメン博物館について
新横浜ラーメン博物館について

新横浜ラーメン博物館は、全国の有名なラーメンが集結した施設で、利用すれば横浜市にいながら北海道や山形のラーメンを食べることができます。複数のラーメン店が集結しているので、食べ歩きも可能です。期間限定ではありますが、ラー博食べ歩きラリーも2年ぶりに開催され、スタンプを集めると、普通では食べられないシークレットメニューを味わえるので、ラーメン好きの横浜市民は参加してみてはいかがでしょうか。
新横浜ラーメン博物館では、そのほかのイベントも定期的に開催されます。例えば、ライブや大道芸も開催されますので、ラーメンを食べるついでにイベントにも参加できます。
詳しい新横浜ラーメン博物館の情報は下記に記載しておきますので、利用される予定がある人は参考にしてみてください。

■新横浜ラーメン博物館
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503
営業時間:11:00〜(月火水木金土) 10:30〜(日祝)
定休日:無休   
ホームページ:http://www.raumen.co.jp

ホワイトニングをした後の食べ物の制限と選択

歯がきれいな人は第一印象もよくなるため、歯を美しくするための治療を受ける人も少なくありません。美容歯科治療の一つに、ホワイトニングを挙げることができます。ホワイトニングは、黄ばみなど汚れた歯を白くさせられる治療です。歯の見た目が改善されるので、利用を検討している横浜市民もいますが、治療後は食べ物が制限されることがあります。
ホワイトニング後に食べ物を制限しなければならない理由は、歯が着色しやすい状態になっているからです。ホワイトニング治療は、歯の表面にある薄膜を剥がします。薄膜が剥がれた状態でお食事をするとエナメル質が守られず、着色してしまう可能性が高くなるのです。
そのほかにも、歯の表面が外からの刺激を受けやすくなります。ホワイトニング治療には濃度35%以下の過酸化水素を使います。当然、身体の健康には影響を与えないものを使用しますが、過酸化水素によって一時的に歯の表面のカルシウムがなくなるため、酸性の食べ物を食べると刺激を受けてしまいます。そのため、食事は刺激の少ないものを選択しなければなりません。

ホワイトニング後に気をつけたい食べ物
ホワイトニング後に気をつけたい食べ物

ホワイトニングをした後は歯が刺激を受けやすく、着色しやすい状態です。そのため、スマイルコンセプト横浜ベイクリニックでは、ホワイトニング後は歯に悪影響を与えないものを食べることを推奨しています。では、どのような食べ物を避けなければならないのでしょうか。
まず、パスタを食べる際にミートパスタを選択することは避けましょう。ミートソースは酸性なので、歯に刺激を与えてしまいます。また、色も濃いので着色しやすいです。逆に、ペペロンチーノやカルボナーラなど、酸性ではないパスタならホワイトニング後にも食べることができるでしょう。
焼きそばの定番はソース焼きそばですが、ソースも酸性です。そのため、焼きそばを食べる時は塩焼きそばを選択するようにしましょう。
焼き肉や焼き鳥を好む横浜市民は多いです。夜になると横浜市では、焼き鳥屋や焼肉屋に多くのお客さんが押し寄せ、ビールや焼酎と一緒に焼き鳥や焼き肉を楽しんでいます。しかし、ホワイトニング後はタレが使われた焼き肉や焼き鳥は控えるようにしましょう。塩焼きで食べるようにすることで、歯への刺激や着色を防げます。レモンをかける人もいますが、柑橘系になるため、使用しないほうが好ましいでしょう。
ちなみに、お酒も避けたほうがいいものがあります。それは、赤ワインや黒ビールです。ご存知の人も多いですが、赤ワインは歯に着色しやすいです。ホワイトニング後でなくても着色しやすいため、できるだけ避けたほうがいいでしょう。ホワイトニング後にお酒を飲むなら、白ワインや水割りがおすすめです。
お酒を飲む人は、おつまみを食べる機会も多いと思います。しかし、ホワイトニング後はおつまみの選択にも注意を払うようにしましょう。例えば、お酒のおつまみにキムチは定番ですが、唐辛子などで赤色が濃く、着色しやすいです。おつまみとして食べるのなら、チーズやミックスナッツにしておきましょう。
健康のためにサラダは必要不可欠ですが、ホワイトニング治療後はサラダの中にも避けたい食べ物があります。それは、トマトやほうれん草です。トマトやほうれん草は酸性になるため、ホワイトニング後にサラダを食べる場合は、大根やキャベツを選択するようにしましょう。

ホワイトニング後に食べてもいいラーメン

横浜市にはラーメンを楽しめる新横浜ラーメン博物館がありますが、実はラーメンにもホワイトニング後に食べていいものとそうでないものがあります。ホワイトニング後は、醤油ラーメンや味噌ラーメンはできるだけ控えることをおすすめします。ラーメンを食べるのであれば、塩ラーメンやとんこつラーメンのほうが、歯に刺激が少なく、着色もしづらいでしょう。

まとめ

歯の見た目は人の印象を変えるため、ホワイトニングを検討している横浜市民もいるのではないでしょうか。スマイルコンセプト横浜ベイクリニックでもホワイトニング治療を扱っており、ご相談していただければ、治療法をご提案できます。
しかし、ホワイトニングは治療後も注意すべきことがたくさんあります。ご紹介したように、食べ物の選択などです。食べ物によっては、歯に刺激を強く与えてしまったり、色を付けてしまったりすることもあります。そのため、ホワイトニング治療を検討している人は、今回ご紹介したホワイトニング治療後に避けるべき食べ物を参考にして、治療後もきれいな歯を維持できるようにしましょう。

スマイルコンセプト お問い合わせ

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^