最新情報
目立たずきれいなかみ合わせになる歯列矯正
2017年04月1日 (土)

「歯列矯正をしたい」と思っていても、器具の装置に伴う審美的な問題からなかなか踏み出せないという方も多いかと思います。確かに、大きな器具を装着して日常を過ごすといろいろな弊害が出てきてしまいます。できれば目立たずに済ませたいものですよね。今回は歯列矯正の種類とそれぞれのメリットとデメリットなどを詳しくご説明していきましょう。

目立たない色の装置

従来、矯正の装置(ブラケット)は銀色ですよね。ですが今、目立たない白いブラケットや透明なブラケットを用いて歯列矯正を行うことができます。色が違うだけで日常生活の中での意識や人に見られているという感覚は大きく差が出るもの。実際には同様の効果が期待できるので、歯列矯正を目立たせたくない方にはおススメの装置です。

マウスピース矯正
マウスピース矯正

取り外し可能なマウスピースを使用する「マウスピース矯正」もあります。歯にでこぼこがある場合は、歯を削って小さくしていき、歯の入るすきまを作っていきます。ですので、抜歯をしなくてはならないような場合には向いていません。さらに、マウスピース型は自分で取り外しが可能なため、使わなければ形が戻ってしまったり、時間が余計にかかってしまうことがあります。
マウスピース矯正のいいところは、日常生活の中で、どうしても矯正を外したい場面や目立たせたくない場面などにおいて、一時的に装置を外せるということです。例えば仕事において、印象が結果を左右する就職活動やプレゼン時。日常生活でも、デートの時や、何も気にせずに食事を楽しみたいときなどに、自分の判断で装置を外せるので便利です。

MTM

MTMとよばれる部分矯正もあります。これは、1本~数本の歯を矯正する方法で、審美的な観点もそうですが、全ての顎の矯正に比べて、期間面・費用面での負担を抑えられるという面でも人気の矯正方法です。矯正というとすべての歯の位置を微妙に修正していくというイメージが強いですが、個々人の状態によって、必要な部分のみを修正すれば済むということもあるので、医師と相談して決めていきましょう。

舌側矯正
舌側矯正

見えないように、歯の裏側で矯正をすることもできます。舌側矯正と呼ばれるものですが、歯の裏側に矯正器具をつけるため、口を大きく開けても人からは装置が見えない仕組みになっています。ブラケットが動くたびに舌に違和感を覚えるケースが多いというデメリットもありますが、審美的にはこの方法が一番の矯正法と言えるでしょう。口を大きく開けて裏側を見せるようにしないと、周りの人には矯正しているかどうかすら分からないです。

歯列矯正を行うべき理由を認識しよう

以上が歯列矯正の主だった方法ですが、それでも踏み切れないという方は、まず、歯列矯正を行うべき正当な理由を認識するようにしましょう。
まず、歯列が悪いことによって多くの弊害と健康リスクがあるということを理解することです。実際、歯列が悪いということは日々の生活に多くの支障が出ます。例えば、「食べ物がうまく噛めない」、「発音がはっきりしない」、「虫歯や歯周病になりやすい」、「顎の成長が阻害されてしまう」、「見かけが悪い」などなど。
そもそも、歯並びが悪いとバランスよくものが噛めず、虫歯になったり、食べ物を大きなまま飲み込むことになり、内臓に大きな負担をかけてしまったりするのです。
また、顎の発育がよくなく、極端な出っ歯や受け口、でこぼこの歯並びは審美的にもいいとは言えません。こういったことは子供のころからの問題になるので、性格形成にも大きな影響を与えてしまうのが現実です。大人になっても、審美的な観点からも日常生活の歯を使う観点からもあまりいい影響を与えるとはいえませんよね。こういったことを考慮しつつ、一時的な治療とかかる費用で人生において多くのメリットを享受できるということを理解しましょう。

きれいなかみ合わせとは何か?

では、ご自身の歯が矯正するべきかどうかを判断してみましょう。以下のようなチェック項目で、かみ合わせがしっかりしているかをチェックすることもできます。
まず、「自身が顎に恒常的な違和感、痛みを感じないか」ということです。歯並びが悪いと歯茎などに歯が当たってしまうことがあるため、痛みを感じやすいです。また、「両側の奥歯が均等にかみ合っている」、「前歯4本に下の歯が強く当たっていないこと」などが挙げられます。その他、「下あごを左右に歯ぎしりするようにしたときに、犬歯が当たっている、もしくは奥歯が当たらないこと」などが挙げられます。ご自身で確認してみたときに当てはまる点があるようであれば、歯列矯正をすることも考えるべきかもしれません。

いかがでしたか?前述の通り、歯列矯正はメリットも多いものの、その方法によっては目立ってしまい、デメリットも多いです。また、実際に装置を付ける場合は、見た目の悪さや装置の違和感が強く、歯磨きがしづらくなり、虫歯になったり、歯ぎしりが大きくなったりします。矯正歯科・歯列矯正専門の歯科医院で歯医者さんと協力し、できれば目立たず、自分の歯の状態にとって最もいい矯正方法を選ぶことが望ましいでしょう。

「最新の見えない矯正(舌側矯正・マウスピース矯正)」について詳しくはこちら

スマイルコンセプト お問い合わせ

歯科コラム

17.08.01
歯列矯正して憧れの「Eライン」をGET!
目が大きい。鼻が高い。顔が小さい。それぞれが、確かに美人の条件の1つになっているかもしれませんが、どこか一部分だけが秀でていても …続きを読む

17.07.01
歯並びが悪いと“顔のバランス”が悪くなるってホント?
歯並びが悪いと第一印象が悪いので、審美性をよくしたい!という人は、歯科矯正で歯並びを改善することができます。しかし、歯科矯正は歯 …続きを読む

17.06.01
顎関節症を矯正歯科で治した例
顎関節症といえば、口を大きく開け閉めしたときの顎の痛みや、「カクカク、ミシミシ」といった顎関節の雑音などの症状があります。顎関節 …続きを読む

渋谷クリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル03-5778-0171

横浜ベイクリニック

オンライン予約

メール予約

初診相談専用ダイヤル045-412-5171

^